忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
7e49aa95.jpg
 
 
 
 
 
 
THE最終決戦な空気が堪らない訳ですが、劉備が余り活躍しなくてちょっと「チェッ」でした。もう残り話数少ないのに。多分「ケロロ軍曹」終了と同時に終わっちゃいますよね、コレ。「ケロロ」終了後も続いてくれるのならば、まだ劉備の活躍を期待して待っていられるのですが、恐らく「ケロロ」終了時に同時に終わると思うので焦って焦ってしょうがないです。頼むから劉備をきっちり主人公として格好良く描いて活躍させて終わってくれー!!!
 
***
2月27日にweb拍手下さった方々ありがとうございます!なんというパチパチ数。こんなの初ですよ、びっくりびっくり!
 
 

 
 
ずっと孫権のターン!と言う訳で今回は呉が大変格好良かったです。
それは良いです。孫権好きだし、呉も好きだし。でももう時間がないんですよ、最終回まで(汗)。今まで不遇だった分尺は全部劉備に回してくれ!でないと、劉備さんが主人公だったのって番組のイメージイラストとかだけになっちゃうよ!頼んますよ、マジで(泣)。
 
 
 
2d847b20.jpg
 
 
 
 
 
 
蔡瑁の手の触手が気持ち悪かったです。そしてエロいと思った腐りきった自分の頭をかち割りたくなりました。子供向けの番組をそんな目で見るなんて私は最低だ。でもこいつの触手が蠢くたびに「エロい!ああエロい!!!」と思っていました。
もう戻れない道に足を踏み入れつつあるのか、私は。貂蝉レ〇プとかハァハァ以外の何物でもなかったし。
 
どうでもいいですが、初めてエロを感じたロボ娘は「超獣戦隊ライブマン」のコロンだった気がします。と言っても子供だったので、エロを感じるというより純粋に造形の可愛さに萌えていたと言う方が適切な表現かもしれませんが。今や「女の子型ロボ可愛い!」だけではなく、貂蝉くらい人間に近い造形なら余裕で性的な目で見られるどころか、曹操や「ファンタシースターゼロ」のオギとかの男性型ロボまでエロいと思う様になったし。何かもう本当に腐って来たな。
 
 
 
7357d26d.jpg
 
 
 
 
 
 
はっきり言って曹操は悪役として描かれる事には失敗したとしか言い様がない気がします。とてもとても魅力的なキャラである事は、私が言うまでもないでしょう。しかし「主人公・劉備の敵」としては、相当駄目駄目ですよね。「自分に支配される事こそが平和への道で、全ての人間の幸せにつながる」という思考自体はかなり極端で歪で、異常極まりないのですが、その彼を余りにも魅力的に描いてき過ぎました。カリスマ性があっても、もっと「悪」として描いて来るべきでしたよね、この男。思想自体はかなり偏っているのに、言動は恐ろしく男前で真っ当だし、多くの人を人格で惹きつけているし、劉備を助けたりもしているものだから、「悪者」という印象が薄くて、「曹操の支配=悪」という見方が今一つ私には出来ないのです。
 
だから曹操を「悪」として劉備達が戦う事にどうしても微妙な引っ掛かりを覚えてしまうのです・・・。応援しているのは間違いなく「主人公」である劉備です。主人公である劉備に頑張って欲しいし、主人公らしい活躍をして貰いたいし、勝って貰いたいです。でも応援しているのは劉備でも、好きなのは曹操だから何とも言えない気持ちになってしまいます。曹操が悪役として描かれていたのなら、飽く迄も「悪役として」の曹操に魅力を覚えて、「劉備に倒されるべき曹操」に燃えていたと思うのですが、如何せん曹操は悪役としての描かれ方が薄かったので、「悪役」として認識出来ず、「劉備に勝って欲しいけれど、曹操と共存出来ない事に納得がいかない」という非常に微妙な心理状態に・・・(まあ共存出来ないのは全て曹操のせいなんですけどね)。
 
それとも「それぞれの正義がぶつかり合い、お互いに譲れないもののために戦っている」という、戦争の悲劇性を描こうとしていて、劉備から見れば敵だけれど、曹操を真に「悪」として描くつもりがないのかな?頭悪いので脚本の意図が読み切れず、作品が伝えたいテーマを明確に読解する事が出来ません(泣)。
 
あと曹操が好き過ぎて目が曇っているというのもあります。呂布の時もそうでしたけど、「呂布が出張り過ぎて、ファンでも鬱陶しいレベル。早く退場させてあげるべき」と思いつつも、いざ退場となると「嫌だ!呂布死んじゃうなんて嫌だ!!」と泣きましたからね(笑)。現在も劉備を応援しつつも、曹操が倒されちゃう事には抵抗があるっていう。自分勝手だな、おい。
 
何にしても私は
・主人公の劉備を応援している
・キャラは曹操贔屓
という葛藤を抱えて最終回まで見届ける事になります。
 
 
 
 
b0fe9c0f.jpg
 
 
 
 
 
そして今回は黄蓋に泣かされました。「何か手はあるはず」と繰り返し言っていた時点で嫌な予感はしましたが、まさかマジで特攻かまして死ぬなんて(泣)。
じいーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
矢に穿たれる姿が痛々し過ぎる・・・。女子供と年寄りの死って、武将の死と違って燃えより悲しさが先立つ・・・。格好良い散り様のはずなのに、ひさすら痛々しくて堪らなかったです。じい、あんた輝いていたよ。
 
 
 
 
1298908520.gif 
 
 
 
 
 
何よりも今回印象に残ったのは、孫権や周瑜、じいの活躍ではなく蔡瑁達のこの動きなんですが。可愛過ぎる・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]