忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

 

1d9ec1ee.jpg

 
 
 
 
 
 
何度か書いていますが、私はナルト×サクラ派です。それで、ナルサク派的に辛いあのイベントがアニメでも来ちゃいますね・・・。
 

 

 
いやー、今から胃が痛いですな。ついに来たなのか、やっと来たなのか・・・。ナルサク的にはサクラがナルトがいかに自分を思っていてくれたかを回想する場面が美味しかったのですが、先の展開が先の展開だけに萌えきれなかったです。美味しいのは美味しかったですけどね、神作画ありがとうございます。ご馳走様でした。
 
 
 
f6e2f026.jpg
 
 
 
 
 
 
 
今回一番印象に残ったのは、ナルトでもサクラでもなく、サイでした。それまで静かに話していたサイが声を張り上げたのを見て、「ああ、この子も色々辛いだろうなー」と改めて。漫画の時はひたすらナルサクの事しか見ていなかったな(笑)。動きがある事と声優さんの演技ってすげえや!漫画の方でもサイは「僕にだってわかる!」で結構感情を露わにしていましたけど、感情の動きはアニメの方が伝わってきました。サイは本当にナルトが大好きなんだなぁと。
 
そして自分だって7班のメンバーなのに、ナルトとサクラの中にはサスケがいて、二人の中に自分が入って行けない領域があるという事の苦悩と言うか・・・ナルトとサクラがサスケの事で必死になっている姿に疎外感を感じているんだろうなーと。昔から漠然と思ってはいましたが、今更ながら改めてしみじみと。サスケが帰ってきたら彼の居場所ってなくなってしまうんですよね。いや、なくなりはしませんがサイ自身は「なくなった」と感じそうです。彼は自分が「サスケの代わりに7班に居る」と思っている(ナルサクの態度でそう感じている)節があるで、サスケが戻ってきたら周囲がどう思おうと、サイ自身は絶対「自分の居場所がなくなった」と感じてしまいそうです。
 
彼自身がまだナルトとサクラに対して、仲間としての立ち位置を明確に出来ていない観があります。なまじっか「同じ班」という括りのせいでナルトやサクラがサスケと比較しちゃうのも原因だと思いますが。サイは生来の育った環境のせいで自分の感情との向き合い方や、人との距離の測り方もよく分からない状態で、いきなり他人と比較されるという状態で人間関係を築かなければならないという中々過酷な状況に置かれました。サイの思いだけが空回りしてしまっている様で見ていて何だか辛いです。彼のナルト達への気持ちが宙ぶらりんのままサスケが戻ってきちゃったらどうなるんでしょう。それ以前にサスケは戻って来るんでしょうか。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]