忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
62e4b289.jpg
 
 
 
 
 
 
 
遂に劉備と曹操の対決の火蓋が切られました。正統派少年(?)主人公 対 完成型ライバル(越えるべき壁タイプ)の戦い。良いですね、王道は大変良いです。よっしゃあ劉備!覇王・曹操を打ち砕け!!!
 

 
 
74a20e29.jpg
 
 
 
 
 
 
「孔明にしろ、あの劉表のおっさんにしろ荊州じゃ死んだ振りするのが流行っているのか?」は張飛にしては、中々気のきいた皮肉でしたね。元々結構人に文句を付ける男でしたが、こんな嫌味まで言える様になったか、成長したな(余り良い成長ではない)。
 
巨大な曹操軍を前に怯む仲間たちに「例えどれだけ巨大な軍が相手でも俺達はいつだって立ち向かってきた!」と、仲間を鼓舞する劉備はリーダーシップがあって格好良かったですが、孔明がいなければそのまま勢いだけで、曹操軍に突っ込んで行きそうな怖さがありました。今までが今までだったので(良く言えば蛮勇と言うか・・・)。孔明が「策が無い訳ではない」と突っ走りそうな劉備を止めてくれて本当に良かったです。
 
 
 
 
ebb13375.jpg
 
 
 
 
 
 
その策も伏兵を置いて夜襲するってだけの単純極まりないものだったのですが、司馬懿には「伏兵に夜襲・・・明らかに今までの劉備とは違う戦い方です。恐らく奴らには軍師が着いたものと思われます」と言われてしまいます。
 
軍師無しでも行えそうな、単純な作戦ですら「今までの戦い方と違う」と評されるって、劉備はどれだけ馬鹿だと思われていたのでしょうか。一応領主だった事もある男なんだけど・・・。それどころか現在進行形で劉備が領地得るの待ちで、特定の住居を持たず、劉備が領主の町が出来るのを待ってくれている民達だっているんだよ。信望厚い男なんだよ!!
 
司馬懿、お前の劉備に対する「向こう水で感情的で近視眼的」という評価は、大変客観的で的確だ!素晴らしい!でも劉備の主人公補正を舐め過ぎとしか言いようがない。劉備は奇跡を起こして、曹操をぶっ叩くぜ!今に見ていろ!
 
 
 
 
ea759d4e.jpg
 
 
 
 
 
 
 
呂布すら敗れた程の力だから、手を出してはいけないと止める趙雲の手を振り切り、曹操に向かっていった劉備は見事に返り打ちにされます。龍帝剣、堕つ!!しかし、これは主人公が手も足も出なかったライバルを返り打ちにする事への布石でもあります!成長中の主人公は、ライバルとの初戦は負けるものなのです。成長した主人公はリベンジ戦では、見事に勝利するものなのです。そう、全ては最終決戦で、覇王・曹操を倒し、劉備の正義が示されるその瞬間へのお膳立てです。今まで主人公として、色々曹操に割を食わされてきた劉備が、一度敗北を喫した曹操に勝つという事で、得られるカタルシスは更に大きくなるのです。今は辛酸舐める事になっても、最後に勝利するのは、正義の主人公劉備!!
 
いや、マジで信じてますよ、劉備さん。今まで色々散々だったんだから、頑張ってね。好きなのは曹操の方だけど、応援は劉備の方をしているんだからさ。主人公が主人公らしくしてくれないと、主人公に感情移入して見ている視聴者としては、気持ち悪くて堪らないんですよ。
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]