忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
ちょっと(いや大分)前に「きんぎょ注意報」の単行本引っ張り出したんですが、懐かしさと共に書きたい事がちょっと出来たので思い出語り(?)。自分がいかにオタク的感性で漫画を見る様になったのかを実感した様なしない様な。

 
これ今やっていたらカップリング関係で多少なりとも荒れていたのではないかなーと思いまして。と、言っても当時の「きん注」を巡るオタク界がどの様な状況だったのか分かりませんので、当時は当時で荒れていたのかもしれませんが・・・。
 
主に今だったら荒れそうと思ったのは「葵×わぴこ派」「葵×千歳派」。今なら確実にカップリング論争の一つも起こりそうですよね。恋愛が主題ではないですが、恋愛が中心でない作品なのに荒れまくりのジャンルなんて腐る程ありますし。自分は当時から千歳派で、今も千歳派なのですが、当時は飽く迄「ちーちゃんが好き」でカップリングのこだわりとかは一切なかったです。幼女には「おしゃれなちーちゃん」の方がわぴこよりも好ましかったんですよね。わぴこはピンクの髪の毛が大好きだった記憶があります。あと髪の毛をちょこんと縛っているのと、その結んでいるゴムのピカピカのボンボンを可愛いと思っていたはず(笑)。子供の時って性格よりもビジュアル重視で好きになるからなー。
 
ある程度大きくなってからはちーちゃん単体萌えから、葵×千歳派に移行しましたが。それだけに原作の葵×わぴこ推しに若干やきもきした様な記憶があります。勿論、恋愛なんて推し出す作品ではなっかったのですが(基本ギャグだし)、でも何となく作者が「恋愛を描くなら葵×わぴこを描きたい」というのは伝わってきたんですよね。
 
まああの主人公達の絶妙な人間関係が魅力的な作品だったので、恋愛面で決着を着けて欲しいとは微塵も思っていた訳ではないのですが(笑)。時代が良かったという言い方はおかしいですが、今だったら確実に荒れているよなーと思ったら何となく書きとめておきたくなりまして。
 
でも先に述べた通り当時の「きん注」を巡るカップリング論争とかは全く知らないので、もしかしたら自分が知らないだけで当時大荒れだったのかもしれませんが。そうだとすると「時代が良かった(CP論争などない平和な時代だった)」というより、「自分が出会った時期が良かった(オタク的な知識や、荒れている事を知る環境になかった)」のかもしれませんが。
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
分かります!もし今リメイクされてアニメでもやろうもんならNL/BL/GL問わず結構荒れてしまう気がします(笑)きん注は少女マンガなのに恋愛要素薄いっていうのが魅力なんですがねー。

当時も多少なりとも議論されたとは思いますが、今はネットが普及してるので論争も昔より激しくなるでしょうね。

検索しててたまたま見つけたので古い記事ですがコメントさせて頂きました。
MN 2011/09/03(Sat)21:11:16 編集
» Re:無題
>>MN様

コメントありがとうございます。
古い記事でもコメントつけて頂くと嬉しいです。

「きんぎょ注意報」はキャラクターが魅力的だし面白いので、リメイクされないかなーと思う気持ちと、今やったら絶対荒れるのでこのままが良いという気持ちが戦います(笑)
橘アキ(管理人) 2011/09/06(Tue)20:17:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]