忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

 

全然知りませんでした。公式サイトが公開されるまで知らないとか、どれだけ情報入るのが遅いんだっていう。「ペルソナ2」については語りたいと思っていたのですが、未だに自分の中で色々纏め切れないところがあったので「何時か書こう」と思いながらズルズルしていたのですが、リメイクするなら切っ掛けとしては丁度良いので思い出語り。PS版の物語ネタバレばりばりです。PSPで初めて手を付けようと思っている方は注意して下さい。

 

公式サイトで流れてくる音楽がもう鳥肌ものですよ、胃が痛くなります・・・取り敢えずフィレモンは殴る。トップページの達哉の苦悶の表情が心臓にきます。何を思いあんな顔をしているのか・・・。
あと登場人物紹介の淳のネタバレが地味に酷くないですか?やっていない人は特に気にしないでしょうか。自分は既にプレイしているから過剰に反応してしまっているだけかな。
 
正直に言うと「ペルソナ2罪」はやり終えて直ぐは余り好きではありませんでした。理由はエンディングです。私はいわゆる「リセットエンド」が嫌いだったんですよ。グダグダになっちゃって纏め切れなくなったから全部無かった事にしよう!と丸投げする物語の締め方が苦手だったんです。今は許容出来る様になりましたが、これをやった当時は「丸投げ大団円」を本気で嫌悪していました。そういう事情もあって過程は大好きだったのに、エンディングが苦手だった「ペルソナ2罪」。そこから「ペルソナ2罰」へ・・・。普通だったら物語が収集つかなくなったけど、大団円にするための手段として使われるリセットエンドが、「ペルソナ2」に置いては全て「罪」から「罰」への布石だったと知った時の衝撃。「罰」のエンディングや達哉に対する気持ちを未だに纏めきれていない自分がいます(笑)。
 
「ペルソナ2罪」では達哉に感情移入して摩耶姉に恋をしました。防空壕のイベントで摩耶が凄くお姉さんな台詞を言ってノックアウトされた記憶が(笑)。なので「罰」での主人公交代は複雑な気持ちになりましたね。大好きな摩耶姉を使えるのは嬉しいけれどしゃべってくれないし。感情移入の対象にしていた達哉は達哉で、出番の少なさや、「罪」をやって自分が描いていた達哉像と「罰」達哉像との齟齬で感情移入の対象にはしづらかったし。最終的には摩耶に自分の感情移入の対象を求めつつ、全員に感情移入している様な状態でしたが。
 
 
最初は「罰」の達哉に対して違和感が結構凄かったです。何て言うか凄く「モラトリアムの少年」だったんですよね、罰たっちゃん。「罪」でも友人や将来について悩む少年的な面はあったのですが、しゃべらないのでそういう少年的な部分は余り前面に出て来なかったし、達哉よりも周囲の悩みやトラウマの方が前に出されそれを達哉が救っている場面が多かったので、「クールで頼りになって、同世代よりも大人びたリーダーシップのある青年」って印象だったんですよ。それが、罰だと最年少という事もあり、自分のやっている事に悩み、パオフゥに「大人をやるのは疲れるか?」と問うたり、周囲から子供扱いされたり、非常に幼さが前面に出ていた印象でした。
 
それでも、自分の達哉像からはかけ離れていた罰の達哉でも、進めて行く内に罪での咎に苦しむ達哉を見ている内に、自分の中のイメージとかけ離れている事などどうでもよくなる程達哉に惹かれました。惹かれたという表現はちょっと語弊がある気もしますが。「この少年には幸せになって貰いたい」と思う様になっていました。それがあの結末ですよ・・・。終わった直後は、エンディングムービーの美しさや、摩耶の笑顔に魅せられて余韻に浸っていたのですが、時間が立つごとに色々な事思い返してどんどん切なくなっていって。何とか達哉を救う術はないのかと悶々としたものです。そしてそれは今でも続いています。
 
 
リメイクされたからと言って達哉が救われる訳ではないでしょう。エンディングが変わるのは寧ろ嫌ですし。罪に罰が与えられ、それでも前に進む人達の物語が「ペルソナ2」2部作だと思うので、罰のエンディングは切なくてもあれ以上のものはないエンディングだとは思うのですよ。
 
それでも達哉救済を望むか否かって別問題なんですよね。あのエンディングは見れば見る程胸を掻き毟りたくなります。最初に見た時は「感動的な切ないエンディング」だったのに、時間が立ってゆっくり達哉の事を振り返ってみると、達哉の報われなさが本当に辛くて辛くて・・・。最初に罰エンディングを見た時は「本当にありがとう」を選びましたが、2回目以降は「私も連れて行って」しか選んでいません。摩耶姉が達哉に着いて行ってあげる事は出来なくても、「連れて行って」しか選べなくなりましたよ、もう。そして罪EDでは問答無用でフィレモンを殴る。
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]