忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

主人公なのにカイルひっどい言われ様だ(笑)。誰ひとりとして「恋人にしたくない」と断じられたよ。でも分かる、私だってカイルは恋人はおろか友達にもしたくない。
プレイヤーキャラとしては可愛いんですけどね。脇役だったら「何このムカツク奴」って思ってただろうな。カイルは横柄さもぶっきらぼうさも主人公だからこそ光ると思うんですよね。ずっと行動を見守れる主人公という立場だからこそ、根は優しかったり子供に弱かったり時々見える弱さや人間っぽさで憎めなくなるから。

※以下前作のネタバレあり。


 
私まだちゃんとプロローグとかムービーとか見ていなかったんで見たんですが、びっくりしました。エドが切れてカイルをクビにしちゃったって。前作をやっている人程これは驚きがでかいのではないだろうか…。寛容でカイルのしょうもないところも含めて面倒みてくれていて、ブラッドリーの件でも気にかけてくれていたエドが…。うーん、何か別人になったとしか言い様がないような。
 

しかし25年前に死んだ親父さんが今のカイルと同じ年っていうのが物悲しいな。カイルの親父は34歳の時には9歳の子供(カイル)がいたのに、カイルは34にもなって独身という…。まあ、あの性格のカイルと結婚しようって女はそうそういないでしょうけど。でも惚れた女には結構素直だったりもするんだけどね、カイル。
地味に気を使っていたり、自分の過去の事打ち明けるタイミングを図っていたり。レイチェルなら落ちついているから、カイルとでも上手くやっていけるんだろうけど、今作この二人どうなるんかなー?


前作同様2周目で台詞が変わる仕様を期待しています。
2周目のラブラブっぷりの美味しさは異常だー!
 

今作でブラッドリーの件が解決するのかと思ったらそうでもないみたいですし、このまま繋がりはあるもののそれぞれ1本でも独立して楽しめるアドベンチャーシリーズとして続いていくのかな。そうだと嬉しいのですが。

ネックはキャラが年を取っていく事ですけど、どうしてもキャラを取り巻く環境が変わらざるを得ないから。それならそれで過去話をやるって手もありますけどね。
刑事時代のカイルとブラッドリーとか、昔のルイスとか、カイルが惚れてた訳ありの女の人の事とか。各作品ちょっとずつ消化不良のところを残して、他の作品でその謎が解ける様な仕掛けをいれたりとか。「ウィッシュルーム」の時は消化不良が引っ掛かったんですが、シリーズ化するなら寧ろ作中にガンガン伏線張って他の作品で明かすって仕掛けが欲しいなあ。それを余りやると新規の人が入り難くなるって欠点もありますけど
 



結論
NOMのラストウィンドウ座談会の最後に見られる女性陣が着物を着た年賀イラストは素晴らしい!(メリッサがいないのが口惜しいですが)。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]