忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
09ee4ac8.jpg






面白いよー、堪らないよー。見たらあっと言う間でした。面白過ぎるんですよね。2話一気見だから普通の30分アニメ見るのと同じ筈なのに、普通の30分アニメ1本見るより短く感じます。多分これ10話くらい連続で見ても全然イケると思います。と言うか最終回まで溜めて纏めて見たい気さえします。楽しいよー、次が待ち遠しいよー。


第9話感想
73ffe73b.jpg






虎牢関を守れなかった事で董卓から叱責される呂布。負け犬呼ばわりされても事実だから言い訳はしないと言いますが、腹の中ではどう思っているのか。呂布って多分、正義のため、民のためとかいうお題目が大嫌いなのではないでしょうか。
軽く中二病と言えるかもしれませんが。とにかく「人のため」ではなく「自分の力を試すため」に戦いたいので、平和にするために戦っている=平和になったら戦い自体をやめるであろう人達ではなく、ずっと修羅の道で自分を生かすであろう董卓に従っているのんだと思うんですよね。いつか身を滅ぼしそうな生き方ですが、刹那的な生き方が性に合うんでしょう。



875e2524.jpg




ただ、董卓が恐ろしく雑魚臭いというか、小者臭いのが気になる所ですが。もっと自分にすり寄って来るハイエナや、呂布みたいな形で自分を利用する奴さえも、それを分かった上で更に利用するくらいの懐のでかさを期待しているので。李儒や袁紹みたいに「いかにも小者」な悪役も大好きなんですが、ボスクラスには流石に大物である事を望んでしまいます。覇道を行く大物・・・それどっちかって言うと曹操っぽいかもな。でもコレの曹操正義の人の様だし、董卓がそういう役を演じても良い様な。



5e9a5bea.jpg




「飽く迄修羅の道を突き進むか」

そういう貂蝉もどこまでも呂布に着いて行きそうですが。多分、修羅に生きる呂布だからこそ惚れているんだと思うんですよね。自分など歯牙にもかけずひたすら剣の道に生きる、痺れるよね、そりゃ惚れるよ。そしてそんな男の背中に健気に着いて行く貂蝉に萌え。これで呂布が正義に目覚めたりしたら興醒めもいいところですよね。100%あり得ないとは思いますが。あり得ないと信じたいですが。


d00f220c.jpg




諸葛亮は董卓の事を調査していたのを見張りに見つかった際、空を飛んだのでそのまま飛んで逃げるのかと思ったら空中から攻撃しやがった・・・「で、でも、まあ、逃げられても自分が調査していた事がばれたらマズイしね!」と思ったら見張りの死体(怪我しただけ?)をその場に放置して去って行きました。おい!バレたら困るから殺したんじゃないのか!?
死体隠せよ、色々厄介な事になるぞ!!



0f5da54e.jpg

 


袁兄弟のこのポーズ、思い違いでなければ小学生の時見てた「Gガンダム」のクライマックスで主人公とヒロインがやっていた気がする。


5df34d99.jpg




洛陽を脱出せざるを得ない状況になる、しかし、ただ洛陽を明け渡すのは面白くないので都ごと焼き払ってしまう董卓。悪辣漢である事には間違いありませんし、声とか外見とかすげー渋くて格好良いです。でもこれ李儒の提案なんですよね。
本人が考えてやった事なら決まっていたのにな。いまひとつ漂う小者臭を払拭出来ない。
 

10話感想
54a36b87.jpg




取り敢えずサブタイトルで展開をバラすのは自重して欲しかったです。何時か孫堅が死ぬ事は息子のいる父親キャラ(しかも弱虫主人公の父)である以上皆予想が付くけど、タイトルでバラすなよ!!これは酷い。


3743e8a9.jpg




董卓一人が民を置いて逃げようとしているのを見て孫堅軍は董卓を追いかけます。その際孫権が「危ないよ兄上、父上」などど戯言を抜かして尚香に尻と叩かれるやり取りは御愛嬌。なんで兄妹でイチャついてるんスか(笑)。この二人可愛くて尚香はもう劉備とフラグ立たなくてもよくないか?とちょっと思っちゃった。


4d09bcdf.jpg




袁術は孫堅軍が董卓を打ち倒す事を恐れ、兄すらも出し抜いて、孫堅軍が逆賊だなどと言って背後から闇討ちしてきます。直ぐに助太刀に向かおうとする孫堅でしたが、正面からは呂布野郎がやってきてしまいます。
 
 
6fdc1d0f.jpg





呂布かっけええええええええええええええええ!!

この孫堅対呂布はめちゃくちゃ動きが格好良かったです。これはもう是非見てくれ!としか言えないんですが。ギュンギュン動く槍とか、傷つき立つのがやっとの孫堅が剣を構えようとするけどまともに構えられずブルブルと切っ先が震える動きとか。


c3ff5913.jpg

 


正直、最後の言葉とか掛ける事もなく逝くという描写も見たかったので、孫堅は皆が回りに集まった時には事切れていて欲しかったのですが(鬼か)、ギリギリ生きていました。「多分、主人公である孫権にだけ掛ける言葉が「贔屓か!」って位多いんだろうな」とか考えていたのですが、そうでもなかったです。結構ヘコむ話でした。孫堅が結構良いキャラだっただけに・・・。
当分は策がリーダーやるのでしょうけど、どうなる事か。この人も弟か妹かばって死にそうだしな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]