忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

76829516.jpg





作品そのものが大好きなので杞憂に終わるだろうと思いつつ(分かりつつ)も、ちょっとだけ呂布が退場した事で面白さが減退するのではないかという不安があったのですが、予想通り本当に杞憂で終わりました。好きなキャラが出なくなってもこれだけ面白く感じられる作品って本当に凄いです。私は基本的にはキャラオタで好きな人物目当てで見る事が多く、好きなキャラの活躍度合いで面白さ判定が行われる事が少なくないので。とは言え、呂布が筆頭というだけで曹操とか関羽とか大好きなので彼らが居なくなったらどうなるか分かりませんが(笑)。


14話
劉備が自分が何のために戦うのかを見つめ直すお話でした。感想おしまい。
すいません、嘘です。ちょっと今回の話で気になったのが劉備は年齢設定が大体いくつくらいにされているのかなーという事でした。自分のやるべき事が見付からずぼんやり過ごしたりしている様を見ると10代後半のモラトリアム期なのかなーとも思ったりしたのですが・・・。


9df2ffb3.jpg





関羽の張飛に対する父親振りは私を滾らせてやみません。自分の中では劉備10代後半、張飛20代前半、関羽30代後半の設定で見ています。正史は無視(笑)。

悩める青年劉備さんが「本当に平和が訪れたのか」とため息を吐く姿を見て、「簡単にこの平和を乱されてたまるかってんだよ」とぼやく張飛。少し意外でした。もっと騒がしいのが好きな男だと思っていたので。祭り騒ぎ、馬鹿騒ぎは好きだけれど、戦いが楽しいってタイプではないんでしょうかね?でも何となく喧嘩好きっぽい印象なんですよね、性格が荒っぽいから。というか喧嘩っ早いですよね、張飛。ちょっと挑発されただけで突っかかって行くし。戦争みたいな悲惨な戦いは嫌いだけど、個人レベルの喧嘩なら上等といったところでしょうか。



f0e0bc2a.jpg




烏丸が攻めて来たという話を聞いていの一番で駆け出すも、武器を置いて釣り竿を持って行って、慌てて武器を取りに戻る張飛に萌え。ベタなのに可愛いですね。




dbbc74b3.jpg






「皆造形がちょっとずつ変わっているな」と思ったのですが、関羽の名前のセンスが半端ないです。鬼牙でオーガって。考えたの誰ですか、すごいセンス。



8ee08712.jpg






劉備達が追い詰められたら公孫瓚の兄貴が助けてくれました。「白馬陣」とか叫んで馬型バイクで敵を轢いていきます。
公孫瓚の兄貴ぱねぇっす。



ec133a81.jpg




劉備は公孫瓚が師の志を継ぎ幽州を守っている姿を見て、師の教えを思い出し、自分を見つめ直して、自分がすべき事を悟ります。そうしてまた関羽、張飛と共に旅立ちます。今回は董卓を倒した劉備が改めて旅をする理由を語る話でしたね。



259a89c6.jpg





EDの絵が新しくなっていたんですが、呂布のおまけとはいえ貂蝉がいて泣きそうになりました。こんなもの出されたら生きているのではと期待してしまうではないですか・・・。でも死んでしまっても、呂布の絵に描かれている呂布隊が嬉しくて堪りません。
ファンサービスを有難う、製作者様!



15話感想
あらかじめ言っておきます。この話滅茶苦茶萌えたので興奮度数が高いです。
なのでまともな感覚で視聴している方は読まない方が良い可能性が高いです。
脳汁が出まくっているキャラ萌えオタの戯言を見たくない人は全力でブラウザバックをお勧めします。


388d6d4b.jpg





冒頭で疲れているのかフラフラな3人。劉備と張飛を「だらしないぞ」と活を入れながらも一番先に腹の虫が鳴き出した関羽に萌え!可愛いよ関羽可愛いよ、保護者のくせに一番情けないとか可愛過ぎですよ。



cb66dda0.jpg





「なんで食い物がないんだよお!!」



abbfe153.jpg





「ちょおぉひぃい 貴様が三人分の弁当を食べたのではないかあああ!!」


ちょっと待てよ!!てっきり食料調達出来ないのかと思ったら張飛が食べちゃってました。これは予想外。というか、何で3人分の弁当を食べた張飛までバテているんですか。それなら何も口に出来ていない劉備と関羽は(汗)。



32219ac1.jpg





徐州まで辿り着けた3人は人に発見して貰い何とか食料にありつきます。ちょっとは自重しろと思う食べっぷり。


42014ac4.jpg




劉備と張飛がどんどん飯を取るので慌てて握り飯を引っつかむ大人気ない関羽に激しく萌えました。
普段大人ぶってるくせに!父親ポジションで張飛を窘めている癖に!!



f3dd7481.jpg




最後の一個を張飛に取られて泣きそうになる関羽に禿げ萌えました!何なんですか、この萌えキャラっぷりは!ニヤニヤが止まらないのですが。普段格好良い渋いキャラなだけにちょっと可愛い事するだけで可愛い部分が物凄く際立ちますね。新たなおにぎり追加で涙目とか、もうっ、もうね!


3b775dba.jpg





徐州の大軍が攻めて来たという話を聞き、飯の礼にと劉備達が敵を迎えうちます。やって来た敵は董卓連合具で仲間だった曹操。

「平和とは武によってのみ成るのだ 
武を持たぬ陶謙の統治なぞ語るに足りぬ」

あれ、曹操ってこんなキャラでしたっけ?再び。最初正義の人っぽかったのが、覇道を行くみたいな事言いだした時も泡食いましたが、本当に覇道を行くとは思っていなかったもので。私が本来持っている曹操のイメージには近いのですが、三国伝の曹操=正義の人で固まりつつあったので、覇道を行くなら行くで違和感も凄いです。格好良いから全然構わないのですがね。



28ef43cc.jpg









劉備対曹操に激しく燃えました!違う正義がぶつかり合って戦争になる話って切なくて、悲しい事が多いのですが、これはそういう戦争の悲劇性や虚しさではなく、ひたすら「男燃え」を追及している作品なので「戦い=燃え」なんですよね。違う正義がぶつかり合っても、そこにあるのは虚しさではなく男の信念と矜持なのです。そこにある戦いはひたすらと血沸き肉躍る「侠の世界」なのです。歪みなく真っ直ぐ過ぎて堪りませんね。

鍔迫り合い→必殺技のぶつけ合い→必殺技を相殺する という流れて「ええ、劉備は曹操と張り合えるくらい強くなってるの!?」と焦りましたが、曹操は普通に立っていられるのに劉備を跪いたので一安心。劉備はいずれ曹操を超えるのでしょうが、それはまだもう少し先がいいです。もっと色々な侠(おとこ)と戦って成長した後で。


5aed2c86.jpg




曹操が劉備を馬鹿にしたと「兄貴を舐めんなよー!」と噛みつく張飛に「やめろ張飛」と窘める関羽に萌える萌える禿げ萌える!!
お父さん過ぎる!



9d649e45.jpg





剣を引き帰還する曹操と司馬懿の会話に激しく萌えました!というかツンデレ曹操に萌えました。何だかんだで劉備に何かを期待している節がある曹操が恐ろしい程の萌えを提供してくれました。台詞ひとつひとつが含みを持っていて恐ろしい程に萌えます。最近のアニメでここまで萌える作品そうそうありませんよ。細部に渡って堪りません!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]