忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

d6b61a54.jpg

 

 
 
 
 
 
今回は多分「関羽格好良い」とうるさいと思います。関羽さんが本当に格好良くて格好良くてしょうがなかったです。
(画像が表示されない場合は更新(F5を押す)か、日記のタイトルをクリックしてみてください)。

 


 
 
547ac484.jpg
 
 
 
 
 
ちょっと意外だったのが、劉備パートと関羽パートが並行して1話の中で描かれていた事でしょうか。てっきりそれぞれ独立させて劉備の伏竜探しで1話、関羽の曹操説得で1話になると思っていたので。でも内容が詰まっている分話が濃くなるので全然構いませんが。
 
 
b550f989.jpg
 
 
 
 
 
流石の孔明も今回は自分に予想外の事が起こって戸惑っている様子でしたね。今まで劉備達を高い所から見物している感じだったのですが、「伏竜」という名前を聞かされて一瞬物凄い目つきの鋭い顔をします。直ぐに穏やかな作り笑いをして「聞いた事ありませんねえ。でも水鏡先生なら何か知っているかもしれません」と返せる辺り、矢張り相当この男はやり手だとは思いましたが。
 
 
 
c6c6cc97.jpg
 
 
 
 
 
そして水鏡の住まいを訪ねて、家屋内に招き入れられた時、「良かった」って感じに顔を見合わせて笑い合った劉備と張飛が可愛かった件。なんでもない事なんですけど、こういうところで見える二人の子供っぽさが可愛かったです。
 
 
 
5dac64a8.jpg
 
 
 
 
 
 
劉備が礼儀正しく雄弁に伏竜を求める理由を語っている後ろで、張飛がきょとんとしているのが面白くって仕方がなかったです。もしかしたら劉備の言っている事を理解していないんじゃなかろうか・・・。劉備が一通り話終えた後で「伏竜が何処に居るのか教えて下さい」と頭を下げたら、慌てて頭を下げて「下さい」と続いたし。せめて「教えて下さい」くらい言えよ、張飛ェ・・・。
 
 
 
84c4804a.jpg
 
 
 
 
 
劉備達に先回りして「伏竜は死んだ」と水鏡に言わせる孔明さんマジ腹黒。しかも「もう俗世の戦乱には興味がありません」みたいに悟りを開いた振りしているけど、実際は世界をうろうろして情報仕入れいる辺り、いつか自分の戦術をしかるべき人の為に使う気満々ですよね。それも「伏竜は死んだ」と聞かされても諦めず、何度となく伏竜(孔明)を求め、その力を認めてくれる様な男に必要とされる事を望んでいますよね。全く孔明さんは難儀な男ですね。
 
 
 
63ad5ea3.jpg
 
 
 
 
 
大好きな曹操と関羽の掛け合いにいやが上にも盛り上がる訳ですが、関羽がちゃんと礼節を弁えているのにも嬉しくなったり。いや、最近の関羽さん「礼節を弁えたおっさんキャラ」像から程遠い言動が多かったので。本人が居ない所では「曹操」と呼んでいても、当人と対面したらちゃんと「曹操将軍」と呼んで、兄・劉備の事も自軍の人間だからちゃんと「劉備」と呼んでいましたし。当然の事なんですけどね。でも最近の関羽さんの余りにも頼りになるおっさんキャラと言い難い言動に悲嘆に暮れていた自分に取っては、久々に見る関羽の壮丁らしい顔が嬉しかったんですよ。
 
 
88c9da0f.jpg
 
 
 
 
 
 
幽州に援軍を出す見返りとして兵力を欲する曹操に、自分を差し出す事を提案する関羽。滅茶苦茶格好良かったけれど、これ自分に相当自信がないと出来ませんよね。「本当に関羽は強いのか」と噛みつく郭嘉に、「鬼髭関羽がどれ程の男か聞いた事があるだろう!」と夏侯惇が叱責するのは意外でした。どちらかと言うと郭嘉の態度の方が普通だと思うのですが。夏侯惇は関羽なら援軍の報酬として充分な逸材だと思ったから、郭嘉を非難したんでしょうか?それとも(援軍を要請しているとはいえ)客である関羽に横柄な態度を取った郭嘉の無礼を窘めただけかな。
 
 
 
1b5f0663.jpg
 
 
 
 
 
関羽を痛めつけてやろうと黒い笑いをする郭嘉に見られても、動じる事無く試される事に応じる関羽。痺れるほどに格好良い。
 
 
 
f4a0278c.jpg
 
 
 
 
 
周倉キター!そして周倉と勝負するにあたって武器を持たない周倉に合わせて、龍月刀を給仕に預ける描写に心臓突貫。重さに耐えきれずに給仕が落としてしまうのに10億点。
関羽の怪力自慢にメロメロですよ、チキショー、格好良いよー。
 
 
 
1d9f82c4.jpg
 
 
 
 
 
周倉の攻撃を全てさらりとかわしてしまう関羽。なんでいちいちそんなに格好良いんだ!冷静さの表現として目を瞑るという古典的美形描写に骨抜きですよ!
 
 
 
3a67af6f.jpg
 
 
 
 
 
そして指一本で倒してしまいます。これ指一本で倒せる程の怪力って事じゃなくて、気迫だけで相手を飲み込んで、触れただけで相手の腰が抜けたって描写(要するに力で勝利したのではなくて、精神勝負で勝った)だと解釈したのですが、実際のところどうなのでしょうか。しかしまあ何にしても惚れるには充分ですね。ここから先見られるであろう周倉の関羽愛に期待です。
 
 
 
298cca61.jpg
 
 
 
 
 
 
目的達成のために手段を問わないというか、関羽が考えうる中での最良の選択だったのでしょうが、援軍のために関羽が曹操にその身を差し出した事を劉備はどう思うのでしょうか・・・。関羽としては劉備への忠義、公孫瓚への義理立てのために自分の体差し出すくらい何とも思わないのでしょう。でも曹操の覇業に自分の義弟が付き合う事になったと知ったら、劉備はとても心を痛めそうです。劉備が絶対自分に落ち度があったと責任感じてしまう気がして心配です。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]