忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
e9066204.jpg
 
 
 
 
 
 
正直、見る前は泣くと思っていました。でも泣けなかったです。ぬぅ・・・。何か打ち切り漫画みたいな最終回でしたね(笑)。矢張り15分は尺が足りないなあ。

 

 
取り合えず、劉備対曹操の戦いに参戦した孫権には空気を読んでくれ!と激しく思いました。せっかく、やっと、劉備が主人公としての活躍をしようとしていたのに・・・。いや、分かっているんですよ。3人が主人公だって。でも、それでもその中でのメイン中のメインは劉備さんな訳で、今まで不遇だったのだし、劉備は曹操の宿敵として描かれて来たのだから、劉備一人で決着を着けて欲しかったなあと。しかも2対1って何か卑怯臭いと言うか何と言うか・・・。燃え度が半減して悲しかったです。侠なら一対一で戦って欲しかった。
 
 
 
85079c89.jpg
 
 
 
 
 
 
三人が宇宙に飛んだ時は流石に吹きました。どういう展開だよ(笑)。多分これ見ている人全員が突っ込んだのではないでしょうか?
 
 
 
 
4ca4c527.jpg
 
 
 
 
 
 
「曹操っ!」
 
「来るなあ!!」
 
の描写には胸が詰まりました。色々な思いが込上げて・・・。呂布の時もそうでしたけど、「出張り過ぎてファン目線でも邪魔に見える」と思っていたり、「主人公の劉備を食い過ぎ。さっさと劉備にやられちゃえ!」と思っていたりしても、いざそういう展開が来ると胸が苦しいっていう・・・。我がままですね。
 
例えどんな人間でも目の前の命には手を差し伸べる劉備、自分の負けを受け入れ劉備達の時代が来た事を認めて散って行く曹操。駄目です、胸が痛い・・・。最初見た時は後日談がまるで打ち切り漫画の様だったので、「え、終わり?」って感じだったのに、見返しながら感想書くと凄い辛い。
 
例え「来るな」と言われても、自分が伸ばした手で相手の手を強く掴む様な劉備でいて貰いたかった。まあこれは曹操に死んで貰いたくなくて、曹操が劉備に歩み寄れば良かったのにという私のエゴ丸出しの意見ですが。曹操に逝って欲しくなんてなかったです。劉備に勝って貰いたかったけど、曹操に死んで貰いたかった訳じゃないです。私は曹操が大好きなんだから。曹操の手を劉備に掴んで貰いたかった。逝って欲しくなんてなかったんだあああ!!でも流石に「胸を張るがいい!弱き者達よ!!」は物凄い負け惜しみだとしか言い様がないです。いくら2対1だったといえど。
 
 
曹操の最期(と言うか劉備と曹操の別れ)に嘆いてみせましたが、本気で曹操が死んだとは思っていません(笑)。と言うか曹操絶対生きてますよね。死体が見つからない以上、死んでいる訳がない。
 
 
 
dc611e9c.jpg
 
 
 
 
 
 
「斬れ・・・我らは負けた 生き恥はさらさぬ」
 
「張遼 生きる事は恥ではない 
死にたい程辛い時に這いつくばってでも生きる・・・
それでこそ男ではないか」
 
関羽と張遼のやりとりにグッ!関羽、良い男だー。でも関羽は劉備が死んだら自害しそうなくらい荒れそうな気がします(笑)。しかし、張遼も辛いよなー。目の前で公孫瓚殺されるは、汚名を雪ぐためとはいえ呂布に離反してまで曹操についたのに、その曹操が死ぬとか。まあ普通に曹操への忠義一本で来た夏候兄弟とかの方が辛いのかもしれませんが。
 
 
 
5f46f027.jpg
 
 
 
 
 
郭嘉が曹操の敗北を見て、膝を着いてその死を嘆いたのが意外でした。今まで慇懃無礼な態度ばかりしていたので、自分に自信があって、力のある国だから魏に仕えているくらいに思っていたので。と言うか今まで郭嘉が曹操に忠義を示した場面何て無かった様な・・・。まあ登場人物に微妙に一貫性がないのは本作の持ち味でもあるので、違和感はあったものの全然抵抗はなかったのです(今まででもう慣れた/笑)。
 
 
 
 
749852c3.jpg
 
 
 
 
 
 
曹丕キターーーーーーー・・・と言う以前に何時の間に仕込んでたんだよ!!!!何の脈絡もなく曹操が父親になっているとか戸惑うから!!!!「父上」って曹丕が曹操に駆け寄る描写とか、曹操が家臣に「息子の曹丕はどうしている?」と尋ねる場面を入れるとか、ちょっと位息子の存在を匂わせておいて下さいよ。いきなり最終回で登場とか驚きますから!あと「父上の捜索云々」って言っていたから、矢張りというか何と言うか、曹操死んでいませんね。
 
 
 
f65a2f0c.jpg
 
 
 
 
 
 
 
周瑜さん逝ったあああああああああああ!!!!!
 
Σ(゚Д゚; )<マジデ!?
 
これは・・・これはマジですよね?流石に2度も死んでませんでしたーはやりませんよね。冗談はさておき結構普通に悲しいんですけど。「生きてた、良かった!」って喜ばせておいて殺すとか酷いですよ・・・。
 
 
 
60a40369.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
「俺達の戦いはこれからだ!!!」
 
この終わり方は正直(自分に取っては)ない・・・。何か打ち切り漫画っぽい・・・。キャラ萌え目的(不純でごめんなさい)で見ていたせいもありますが、色々消化不良です。「三国志」をモチーフにしたオリジナルアニメであれば良かったのになあ・・・。やばいなー、もやもや溜まって二次創作に手を出しそうですよ(笑)。
 
 
ちょっと文句多めになりましたが、本当に本当に面白くて楽しい作品でした。約1年間こんなに元気をくれてありがとう「三国伝」!制作スタッフ様も声優さんもお疲れ様でした!ずっと大好きだ!
 
あと最後に。
 
 
 
 
3ad80331.jpg
 
 
 
 
 
 
 
BDBOX(完全受注限定生産)36,750円に特典で貂蝉キュベレイプラモデル・・・。
こ れ は ひ ど い
 
 
 
 
7af10a4a.jpg
 
 
 
 
 
 
 
最後の集合絵で魏をハブる・・・。
こ れ も ひ ど い

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
はじめまして、としと申します。一年間楽しく感想を見させていただきました。
私も2対1や翔&轟大勝利なアニメの終わり方はちょっと気になりました…。

アニメは漫画版の2部までの内容ですので
3部の戦神決闘編をお買いになってはいかがでしょうか。(納得いく形かどうかは別として)普建国までやります。

そして漫画の一部二部も細部がアニメとはかなり異なっていてオススメです。
劉備がかなり主人公していますし、孔明や司馬懿、趙雲、関平、郭嘉など、アニメで影の薄かったキャラ達も活躍します。

アニメは販促の割を食ってしまったといいますか、漫画では、董卓戦→劉備&蒼龍、袁紹戦→曹操&炎凰、赤壁→翔烈帝劉備VS炎凰曹操で相討ち両者行方不明、第三部という流れなんですよね。

http://www.1999.co.jp/gundam/
ここで検索すればプラモの説明書が読めますので、旧版の三国伝キットの説明書漫画で原作の雰囲気をつかむのもよいかと思われます。

長文失礼しました。これからも更新楽しみにしています。
とし 2011/03/29(Tue)09:39:53 編集
» Re:無題
>>とし様

コメントありがとうございます!

感想を追っていて下さっていたとは光栄至極です。

原作やプラモにも詳しい方の目には、明後日の方向へ球を投げている様に感じられる感想も多かったでしょう。アニメが「三国伝」初見のにわかですみません。

実は「まだまだ「三国伝」で燃(萌)えていたかった!」と猛り、
最終回視聴後すぐ「三国伝」の単行本を求めて本屋へ走りました。
そうしたら原作である一連のシリーズは売り切れていました(泣)。

たかのあつのり氏と岩本ゆきお氏の「三国伝」はあったのでそちらは確保出来ましたが。
原作3部作は現在探し歩いている状態です。
橘アキ(管理人) 2011/03/30(Wed)21:19:00 編集
» 無題
どうもはじめまして。ほっしーといいます。
難しい話で混乱していらっしゃるようですが、BBW創世記の曹操、周喩偏を見れば少しはすっきりするかと思います。
実は曹操は龍帝剣がどういう経緯で紛失していてそれがどれほどのものであるか知っているから手八丁口八丁しないのです。ちなみに本当に史実として残っているもので劉備をたどると大変な事に。赤壁までは劉備は軍を殆ど持ってない状態でむしろ事をややこしくしまくっていたので、映画レッドクリフで赤壁のみ扱ったのは正しい判断だったり(汗)
あと、BBW創世記では曹丕のお母さんが出てきます。郭嘉についてはとにかく短命だったため(曹操が60過ぎまで生きていたのに対し郭嘉は30そこそこで病死してしまいます)知名度が低いというか争点にならないというか。本当は郭嘉の方が先に曹操の元に下っており、司馬イの方が新参者ですので。ちなみに行動パターンはアニメのほうがそれっぽいです。今回はもし、郭嘉は洗脳されておらず、普通に赤壁以降も生きていたらというIF設定に展開してる可能性が…
郭嘉はWIKIでも混乱していないのでそちらを参考にして、曹操はWIKIがものすごく混乱しているので元ガンダムXパイロット、ジャミル・ニートのWIKIをみるとわかりやすいかと。

長文失礼しました。
ほっしー 2011/09/03(Sat)22:19:26 編集
» Re:無題
>>ほっしー様

コメントありがとうございます。

「創世記」に関しては最終回後に購入いたしました。
ただ「創世記」を読んだだけでは、龍帝剣が霊帝から盧植へ渡され、盧植から劉備へ託されたと曹操が知っていたと解釈するのは、個人的には難しかったです(行間を読むのが苦手なもので)。
馬元義ですら知っていたので、霊帝から秘密裡に渡されたと言っても、公然の秘密だったのかもしれませんが(笑)。

あと「創世記」はアニメの補完をしているのではなく、コミカライズの一つでアニメとリンクしていないと思っています。というか思いたいです。
正直、呂布の貂蝉レ〇プ、貂蝉が義父殺しを正史としては受け入れられないので(汗)。
橘アキ(管理人) 2011/09/06(Tue)21:01:35 編集
» 無題
レスありがとうございます。
あのへんは貂蝉自体の行動がどれにも詳しく語られていないからでしょう。(三国志、演技ともども)実はこの場合ガンダムネタで走っている事が多いのです。もうこれがガンダムのテレビ版からだけでなく、小説からも取ってくるので、恐ろしい事になるんですよ。ちなみに曹操編はガンダムXのローレライの海ネタなんです。詳細はガンダムXのあらすじを見ればわかるかと。バンダイ公式ページの各話紹介でも伝わるかと思います。

そしてちゃっかり自サイト作ったので宣伝を。
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=111230 どうも、孔明の嫁選びはやりたいらしいですよ。
ちなみにツイッターで岸本みゆき氏が潜んでいるので
探してみると面白いかも…
ほっしー 2011/09/09(Fri)01:18:32 編集
» Re:無題
>>ほっしー様

またまたコメントありがとうございます!

一見子供向けの様でも、そこは流石にガンダム。色々複雑な様ですね…。他のガンダムシリーズもネタにされたりしたら、もうにわかはついていけません。

元ネタごと知っていれば楽しさ倍増だと思うと、それはそれで口惜しくはありますね。
とは言え、アニメ本編オンリーでも十分過ぎるくらい楽しめるものだったので、そこのレベルの高さも「流石ガンダム」なのでしょう。
橘アキ(管理人) 2011/09/12(Mon)16:57:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]