忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

9bbdf20a.JPG









第6話「悪魔の火遊び」
のプレイ日記です。個人的に1~6話までの中で一番好きな話でした。完成度や緊迫感や演出が他より頭一つ飛びぬけて良いです。残り2話だから、クライマックスに向けて盛り上がってきているって感じですかね。アニメでも漫画でもドラマでも最終回直前から最終回に向けて話が盛り上がりますからね。

 

5cd6b319.JPG









火事だと査之介に言われて飛び起きる識子。その時持ちだすもので「プロレスのビデオ」っていうのが何とも。そんなにプロレスが好きかよ!お金とか写真とかでもなくてよりにもよってプロレスのビデオ…。まあ、
そこが堪らなく可愛かったからいいんだけども。
 

56f87a2f.JPG









人死にが出た火事が発生したので識子と金ちゃんが一緒に捜査する事になったんですが、何故か嫌味を言い合ってツンツンし合う二人。ん~?どういう事でしょうかね?この二人って不仲設定だったんですかね?1~5話見てきましたが、特にそんな描写はなかったんですが。元々あった不仲設定を思い出した様に引っ張り出してきたんでしょうか。とにかく今まで仲良しだったのにいきなり不仲になったので不自然極まりなかったです。
 
物語冒頭でも3里先の火事で識子を叩き起こした事から察せられるように、江戸っ子査之介は火事で興奮するようで現場検証ではしゃいでいます、結構不謹慎な男だな。でも、こういう物語の流れの中でキャラの性格とか好みとかを自然に出してくるキャラの魅せ方が好きです。キャラの性格をアピールするためのキャライベントは余り好きではないんですよ、妙に鼻につくんですよね。
 
管轄間の派閥争い関係で捜査が打ち切られる事になりますが、何故だか捜査が再開される事になります。きな臭い事この上ないですよね。
それと、この打ち切りの件の時に「今までだって景浦本部長の嫌味をさんざん乗り越えてきたがな」という台詞を所長が吐いたところで、ムッとなりました。何でだろう、私景浦本部長の事を好きになってきてる?「今までってそんな大した嫌味なんて言ってきてないじゃん」って思っちゃったんですよ、あーこれは好きになりかけてるな、景浦の事。というか、前作は嫌味全開だったのかもしれないですが、本作では出番がないのか何なのか本当に全然嫌味なんて言ってないのでムッとすると同時に違和感も覚えたんですが。
 

7708474b.JPG
















現場に落ちていたマッチに書かれていた謎の文字「こえなきしみ」のアナグラムを解いて正しく並べ直すと「えなみしきこ」となりました。そして、現場に残されていた所持者不明の靴から識子のDNAが検出されます。その後も識子に良く似た女性が殺され、識子の写真にその被害者が刺されたのと同じ所に煙草を押し付けた跡がありました。この時点でかなり緊迫感がありました。被害者の写真を見た時の古畑さんの「誰かに似ているような」って台詞に「まさか識子?」と思ったんですが、本人が目の前いるのに「誰かに似ている」って台詞はおかしいと思ったので本当に識子だとは思わなかった。
 

2b985477.JPG








「識子どの…拙者、歯がゆいです…。
この身はとうの昔に朽ち果て霊魂だけの存在です。
こんな私にできることといえば、識子どのに言葉をかけるくらい…」

「気にしないで。査之介がいてくれるだけで心強いんだから!」

「識子どの………」
 
なにこの萌え会話、萌えイベント過ぎるだろ!!ニヤニヤが止まんなくなっちゃうだろ!!??
 
で、まあ識子が狙われている事が判明して当然識子は捜査から外されます。ところが、ボディーガートとして配置されていたはずの若葉巡査が何故だかいない上に、外と連絡をとろうとしたところポケットに入れておいた携帯電話も何故か紛失していた。ここの緊迫感は異常!誰かが家の中に侵入してくるし、助けはないしでマジで怖かった。本当に査之介の存在が頼りになったよ。
侵入してきたのは芦茂さんでしたが、それ自体は識子を心配してきただけなので冤罪だったんですが、犯人でないという決定的証拠もないので芦茂さんは捕まりっぱなし(汗)。
 

68e52ba3.JPG








そして、再び識子も捜査に加わり真犯人を捜す事に。真犯人を突き止め、所在地を警察が包囲。ここの演出最高過ぎる。本当の事が分かった時鳥肌立ちましたよ。それと包囲時に登場した景浦本部長を見た時興奮しました。私はこの人に落ちたようです。

 
ef285d90.JPG









真犯人を突き止めた時突然シューティングゲームになっちゃった時はどうしようかと思いました。緊迫感はあるさ、ハラハラするさ、ドキドキするさ。でもさ、アドベンチャーのクリア必須ミニゲームにぶっ込むのはどうなんですか。アドベンチャーってアクションとかと違ってクリアに技術がいらないっていうのも売りの一つじゃないんですか。10回くらいゲームオーバーして何とか先に進めました。
 

25363dc9.JPG







良いツーショット×2。私この右の写真のガッツポーズで笑顔の識子可愛くって大好きなんですよ~。出社して無事出て来られた芦茂さんからお礼を言われたんですが、今まで軽く口説く感じと違って結構本気の告白だったっぽいですよね。ちょっとビックリしました。
 

7cd6be45.JPG







呼び出されていたので所長室に行ったら所長と景浦本部長が待ち構えていました。(うっ、苦手な二人…)たじろぐ識子が可愛いです。どんなお説教あるいは嫌味を言われるのかと思ったら、
 
 

3490d6df.JPG








「江波捜査官。昨日の件だが…」
 
4f3c6e79.JPG








「本当に、よくやった。」
 


デレたああああああああああああああああああ!!!!!!

デレきたああああああああああああああああ!!!!!!!!

ここで完全に私は景浦に落とされたさ、くっそう。堪んねえよ。
だがその前に

謝れええええええええええええええええええええええええ!!!!!

一応あんたのミスのせいで識子は命の危機だったんですよ、褒める前でも後でもどっちでもいいから
謝れよ。
 
今回の話は最終話前夜祭って事で盛り上がりが半端なかったです。これは最終話も期待していいのかな?それともオチの前に大きな盛り上がりを見せただけなのか。何にしても凄い完成度の高い話でした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]