忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

第3話「ロマンの値段」の日記です。今回はシモーヌさん掘り下げ回。といってもキャラゲーじゃないので「他の話よりも出番が多い」って程度でそこまで出張っている訳でもないんですよね。そこがちょっと勿体無かった。もっとキャラ押し出してもいいのに…と思ったけどキャラ押し出し過ぎの某テイルズがくどくて苛々したのでこれ位の「ちょっと物足りない」くらいが私には調度いいのかもしれない。

 
 CIMG4215.JPG




 


ちょっとシモーヌさんが男の人の事を言ったので「昔の男の影!?」とかわくわくしたのに、そんな事はなかったぜ。こっちを期待させる振りをしておいて何にもないとか、そりゃないぜセニョリータ…。まあ、いちいち深読みして勝手に期待しただけって言われればそれまでですがね。
 
 

CIMG4221.JPG









お宝の匂いにはしゃぐ識子。分かります。ロマンがある事って胸がときめくよね!1、2話より冒険色(?)が強い感じでわくわくします。古い絵を調べてその中の宝の暗号探しって胸躍る。
査之介の言ったうんちくを自分の知識の様に言う識子が可愛い、笑った。
しかし、低価格ソフトって舐めてかかれないくらいキャラ造形が上手いですよね、これ。絵の鑑定依頼をしてきた成金のおっさん凄いむかつく(笑)。見た目もいかにも成金のいけすかない感じが非常にいい。シンプルシリーズ=低品質って偏見は改めなければ。シンプルシリーズで遊んだのまだ「鑑識官2」で2本目ですけど。
 
そうそうシンプルシリーズで初めて買った「パズルクエスト」も「鑑識官」と並んで名作ですよ、超おすすめ。
 

CIMG4222.JPG







骨董屋店主に十手を見せた時の識子超可愛い、なにこれ萌える。怒られてしゅんとなる識子も可愛い。やっぱ私は
狙った萌えキャラよりも「普通のキャラが可愛い」方が圧倒的に好きですね。
 

CIMG4224.JPG















シモーヌさんと骨董店を訪れた時、十手を店主に預けて帰る時返して貰った際に十手がすり替えられてたイベントも地味に萌えた。「帰るわよ査之介」って話かけたのに反応がなくて、十手がすり替えられているって気付くのが何だか琴線に触れました。「ああ、いつも一緒なんだなー」って。飽くまで相棒、娘と父親の様な関係なのがいいですよね、識子と査之介。
 
骨董屋の主人が詐欺師と分かって、何とか絵の鑑定を依頼してきたおっさんにその事を信じさせようって展開になりますが、別にあんなおっさん助けなくてもいいって思った人が多いんじゃかろうか。いや、単に私が助けなくてもいいやって思っただけなんですが。
それと、シモーヌさんが言っていた「一流の詐欺師は詐欺が分かる手掛かりの様なものを残す。それでも気付けないなら騙される方が悪い」(台詞うろ覚え、でもこういう意味合いだったはず)には、正直1ミリ、いや1ミクロンたりと賛同出来ません。どう考えたって騙す方が悪いに決まってるでしょ。
 

CIMG4227.JPG






結局加藤(偽名ですよね)って何だったんだろう。シモーヌのおばあさんに振られたって話も嘘だったっぽいし。その割にシモーヌのおばあさんに贈ったっていう指輪持ってるし。ああでも指輪の件は作り話の可能性もあるのか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]