忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
という訳でオギ単体にも勿論萌え萌えですが、今日はオギたんのカプ萌えの話。オギたんと3種族主人公のアレとかコレとか。今日はヒューマールとオギたんのノマカプについて。
 
***
8月21日、22日にweb拍手下さった方々ありがとうございます。更新減ってますが「ジルオール」の百合中心に頑張りますです!(と言いつつ日記が「psz」でノマカプ話ですが)。


 
 
・オギ×ヒューマール
 
自分の中でヒューマールの性格イメージは割と王道の正義感が強くて、でもお人好しで押しに弱くて・・・なthe・和製RPG主人公って印象なんですよね。
 
正直最初はオギ←ヒューマールで、ヒューマールの完全片思いで、オギはヒューマールに全然気が無い関係に萌えていました。オギ愛されシュチュが好ましいというか。矢張り好きキャラが愛でられる状況は萌えますよね。
 
硬派なオギたん萌えなので、恋愛はよくわからんって感じで、アプローチするヒューマールを天然スルーしちゃうオギたんみたいな、ベッタベタなそれを考えてニヤニヤしていた訳ですよ。作中のオギたんの熱さ硬派っぷりから、恋愛するキャラに見えないし思えないし。だから、ヒューマールは恋愛的な意味でオギ大好きで、オギは友情としてヒューマールを信頼しているみたいな関係にオギオギしていました。
 
そしたらエンディングがね、男女で違ったせいでアガガガ。はっきり言って男主人公の方のエンディングと比較しないと、彼に恋愛めいた感情があると全く分からん程、恋愛色は薄いです(硬派オギたん萌えなので、寧ろその恋愛色薄いところも萌えなのですが)。というか、男女で台詞が違うだけで恋愛色なんてないと言っても問題ないレベルです。でも男女での微妙な台詞の差異から恋愛色感じ取ったからね、仕方ないね。
 
公式の力は偉大というか、オギの恋愛とか想像も出来なかったけど、それも有りかと思える様になりました。男女の台詞の違いには正直萌えたし。でもやっぱ公式で提示されたものには萌えたけど、自分でオギ×ヒューマールの恋愛妄想は中々難しい。オギがド硬派だから。イチャイチャするラブラブ恋愛妄想ははっきり言って出来ません。ゲームed並の硬派な恋愛なら寧ろばっちこいで萌えますが。
 
自分的には恋愛的な意味ではヒューマールに片思い愛されして、それに全力の友情で応えるオギという構図が最大に萌えるんですよね。「psz」自体が本編中恋愛要素皆無で、仲間が仲良しで和気藹々で、その雰囲気が大好きだから、余りキャラ→主人公の恋愛妄想が出来ない。想像つかないんですよね、なんだか。主人公→キャラなら余裕なんですけども。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]