忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
「ワンダープロジェクトJ」とレイトン先生どっちの事書こうか迷って「WPJ」の日記を書いたのですが、矢張りレントン先生の事も書きたいよねって事で。
 
もう「レイトン」シリーズ出て十年くらいなるかなーと思って調べてみたら、2007年に初作が発売していたからまだ9年でした。ほぼ10年なんですが、もうとっくに10周年行っている気がしていました。
逆に最新作を遊んで2年経っているのには「え、もうそんなに!?」感があります。
 
「ガンダム00」が9年前なのには「え、もうそんなに昔!?」感あるんですが。劇場版が6年前だから最近感あるのかも。
 
作品によって時間の経過年数の体感が違います。
 
そんな事はどうでもよくて、レイトン先生が格好良いという話。


 
本当にレイトン先生が格好良くて格好良くて仕方ありません。以前も書いた気がしますが。
 
落ち着いていて温和で、でものんびり屋って訳でもない、大人格好良いですよね。頭良くって、でも運動神経も良くって、器がでかくって、自立していて、学者特有の探究心の強さがあって。でもそれだけにちょっと天然なところがあって。意外とお茶目だったりして。割とルークに蔑ろにされて無表情で「・・・」って言ってるところとか可愛い。
 
鏡に映った自分の事を「おや、鏡に英国紳士がうつっているよ」ってコメントするところとか本当にお茶目可愛いです、先生!こういう画面中クリックして見付ける、先生や助手の一言コメントが大好き過ぎます。結構変なおじさんなところが先生は魅力的なんですよね。メロメロ。
 
先生のイメージは割と声が淡々とした感じも影響しているでしょうね。もっと感情込めて話す感じだったら、また違った印象だったでしょう。それはそれで好きだったでしょうが。
 
新作出ないかなーと待っているんですが、矢張り出ないかなあ。売上下げってますしね。売れているなら、完結っての引っくり返して新作出るんでしょうが、発売元があの会社である事を考えると。シリーズ6作出たって時点で充分と言えば充分ではあるんですけどね。1作目で伏線張りまくって結局続編出なかったゲームなんてゴロゴロありますし。
 
でも矢張り大好きだから新しい物語の格好良いレイトン先生を堪能したいのですよね。一応、全作新品で購入して作品売上には貢献して、自分が作品に対して出来る事は全部しておいたつもりなので、それで新作が出ないのであれば、私に出来る事はもう何もないので、全6作のシリーズとして一生愛でるだけなのですが。
 
レイトン7の課金によって携帯用家庭機に新作ゲームが出るかどうかが決まるのであれば、もう私に出来る範囲を逸脱しているので素直に諦めますけど(笑)。古い人間だからアプリ課金は出来ないなりよー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]