忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

639bc939.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
雰囲気の良い話でした。でも完全なる雰囲気話と言うか、設定の無茶苦茶っぷりは中々素適な事になっていましたが。

 
246442e4.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
いきなり飛行機が墜落するところから物語の幕が上がります。バート、ミカ、ミャオ、ゴンザレスの男4人で遭難してしまうのですが、何が凄いって男4人なのに全然むさくるしさがないところでしょう。ミカは女の子の様だし、ミャオも中性的だし(性格は男そのものだけれど)。
 
 
 
9322531b.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何とかBB本部に連絡を取ったら、救助に来てくれないという素適な事をMお姉様に告げられました。うわーい、素敵だねっ☆バートはもうこの組織抜けちゃえよ、マジで。ブラックどころの騒ぎじゃないですよ。
 
「前からロクでもねえ組織だとは思っていたがここまで腐ってるとはな」のバートの言辞は至極真っ当だと思うのですが、ゴンザレス以下3人は「自分の身は自分で守る。他人を頼る様になったら、どのみち長くない」と言います。皆が余りにも真っ直ぐに言うので一瞬納得しかけましたが、やっぱり可笑しいと思う、その理屈は。会社が身の安全や報酬を保障してくれるから、その組織に所属して危険な仕事をしているのであって、その保証がないのならBBという組織に所属する利点がないですよ。特にバートなんて無報酬で命掛けさせられる事が少なくないという理不尽この上ない事をさせられているのだから、もう辞めてしまえ。もっと他に良い組織がある筈だ!
 
これBBが裏組織とかいう設定なら組織体制が酷くても、それ程抵抗なかったのに・・・。ルパン3世が泥棒でも格好良いみたいにさー、BBは犯罪組織で高額の報酬をぼったくるけど、依頼人も事情があって表の機関には依頼出来ない訳ありの人ばかりとかさー・・・。
 
 
 
9d47b8a9.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
砂漠で行き倒れたバートを心配するディーノに激しく萌える件について。他のメンバーよりもバートとの付き合いの方が短いのにバートを慕いまくっているのが可愛い。それだけ二人が密度の濃い時間を過ごしていたって事ですよね。
 
 
 
 
1f6a9c5b.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
ローランがとても可愛い。最初全く言葉が通じなかったのに、時間がたつと何故かバートに通じる言葉を話す様になるのは御愛嬌(言葉が通じないっていうのは最初の掴みでしかない)。
 
 
今までの話の中で一番雰囲気のある話でした。全然爆弾処理班である必然性はなかったですけど。「描きたい物語」は他のどの話よりも伝わってきました。爆弾処理班である必然性は全然なかったですけど。
 
 
396d49f7.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
親と死別した言葉も通じない無垢な少女との出会い、普段はドライなのに何故かその出会いで心が揺さぶられる男、そして違う世界で生きている少女との触れ合いみたいな、ちょっと切ない物語を書きたいというのがヒシヒシ伝わってきました。別にバートは全然ドライではないですけど。
 
ただ描きたい物語とかテーマみたいなものは伝わって来たのですが、それを描くための状況に至る過程は中々に強引でした。主人公がBBって組織に所属している事が足枷になっている気がします。いっそある程度財力があって個人で好き勝手に動き回っている「爆弾処理が得意な放蕩者」が旅先で事件に巻き込まれるとかいう話でも良かったんじゃないかという気がしてなりません。
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]