忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

260ce480.jpg





好きな登場人物が沢山いるのでキャラ萌え視点で見ても毎回楽しめるのが堪りませんね。一人か二人しかお気に入りキャラがいないと出て来ない回もあるのですが、魏呉蜀それぞれにお気に入りが居る上に、呂布が好きなので毎回楽しめない方がおかしいという自分的に凄く美味しい仕様になっていて「もうたまんなぁい(byネーナ)」です。しかもキャラが単に好きだ萌えだって要素抜きに、燃え度がガチで激高なのが最高ですよね。1度話の進行とかしなくて良いから、ひたすら戦い合うだけの回が欲しいです。放送時間が短いから、戦闘の時間も短めで物足りないんですよね。もっと魂の燃える戦いを見ていたいんだー!!

 
18話
サブタイトルからニヤニヤしっぱなしですよ。孫策大好きだー!



6848d9ab.jpg




袁術は何の因果か玉璽を手に入れ、三璃紗の皇帝になるの何のと言っています。権力欲のある人間が皇帝になりたいがために玉璽を求め、積極的に手に入れようとアレコレしているので、こういう人間の手元に玉璽が納まるのは良いのですが、玉璽ってどうにも人の心を惑わせる魔の宝具の様な感じに描かれていますよね。董卓もそのせいで判断を誤った節がありましたし。それとも相応の器の人間なら使いこなせるものなのでしょうか(今気付きましたが、貂蝉達が生きていたから董卓って完全に徒死ですね・・・)。


66dc326d.jpg




青竹を薪に使おうとして吹きあがる煙に涙目になっている尚香が可愛い件。ただ、陸遜に「あんた若いくせに物知りなのね!」と言ったのには若干の違和感を禁じえませんでしたが。尚香は15~17歳位のイメージで見ていたので。正直このお転婆娘が20超えていたら嫌ですよ。



7f4a10e8.jpg




袁術軍が攻めて来た時、紀霊の姿を見て「父の仇!」と熱くなって引こうとせず、兵を疲弊させ全滅させそうになり、周瑜に諭された孫策にちょっと驚きました。この人大人で冷静で器がでかくて、先を見通して行動する男だと思っていたので。意外と短気、というか頭に血が上りやすいのでしょうか。



2c565268.jpg




矢での攻撃から逃れるために一旦竹藪に逃げ込んだ後も、「隠れていても直ぐに見つかるから討って出よう」と言ってまた周瑜に諭されました。考え無しとまでは言いませんが、結構好戦的な男ですね。もっと冷静で知と武を備えた武将だと思っていたので、結構武力優先な性格で今までのイメージとの乖離が・・・。これはこれで格好良いから好みなのですが。


b9a0d921.jpg





周瑜の策で船を奪取する事に成功した孫策。紀霊が「おのれ田舎侍どもがこざかしい真似をー!」と言ったのにはちょっと突っ込みたくなりました。
侍ってあんた・・・。



7bd1de81.jpg




船からの矢の猛攻+船上からの必殺技攻撃から逃れるため再び竹藪の中に逃げ込もうとした紀霊と尚香・陸遜が鉢合わせになります。紀霊に斬りかかられる尚香が一切反撃しないのにちょっと引っ掛かりました。
話の都合上仕方ないのは分かっているのですが、尚香って一応武器を持っているんですよね。必殺技のお披露目もしていましたし。黙って斬られる弱者ではなく、弱いながらも戦う意思を見せて欲しかったです。

この手の話のヒロインって本当に「守られ役」にしかならないのが悲しいです。負けても良いんですよ、敵わなくても良いんです。それでも武器を持って戦う意思を見せて欲しいのです。初めから武器も持たず、後ろにいるキャラならそういう事は思わないのですが、尚香はなまじっか武器も技も持っているから戦わない事に苛々してしょうがないですよ。戦ったら戦ったで負けるし足手まといだしで苛々するんでしょうけど。勝っても「小娘が屈強な男に勝てるか!」って違和感が強いでしょうし。尚香みたいなキャラって使い方が難しい所ですね。個人的要望としては取り合えず早く劉備とのフラグを(略


22e5cc73.jpg




そんな尚香と陸遜を救ったのは前回孫策との一騎打ちで負けた太史慈でした。



87c507f3.jpg




「女子供まで手に掛けようとは・・・それでも男か!!外道!!!」

かっけええええええええ!!!!熱い、熱いぜ、太史慈!!!
この台詞、燃え魂にビンビン来るものが凝縮されていますね!


32853bb1.jpg










「私も歩んでみたくなりました あなたと同じ道を」

「共に行こう 太史慈」

前に跳ねのけた手を今度は握るというベッタベタな演出にニヤニヤですよ。くそー、熱いー、堪らないー。呂布じゃないですけど、魂が滾ります。
たましいいいいいいいいい!!!



19話
水軍を奪われ孫策達に手を出すのは危険とした袁術は、軍備を整えず、農耕に力を入れている劉備達の徐州を三璃紗支配の足がかりとする事にします。


f6f2a709.jpg




袁術が玉璽を手に入れたのは、戦場を与えるという条件の元で呂布が玉璽を袁術に差し出したからでした。どんだけ喧嘩馬鹿なんですか、呂布、あんたって人はー!!しかし、呂布は何故わざわざ誰かに仕えるんでしょうね、本当に・・・。
適当に名のある武将に喧嘩吹っ掛けて回ればいいじゃないですか。何故戦場で戦いたがるのか。ただの無頼として戦いたいのではなく、どこかの軍で名を上げたいのでしょうか?歴史に名前を残したいとか?もういっそ自分が三璃紗支配の為の戦争でも始めて、戦場に出れば良いのにという気がしなくもないです。それとも戦い以外にも何か目的があるのでしょうか?


c4052a52.jpg



徐州を平和に治める劉備達。劉備と関羽は真面目に畑仕事に精を出していますが、張飛は「戦わないと槍の腕が錆びる」と文句たらたらです。でも、そこはお約束で文句言っている奴が一番その仕事に夢中になっているんですよね(笑)。皆が昼食だからと休憩に入っても張飛はもくもくと畑を耕し続けます。


2efc33f0.jpg



耕し終わったら一人で「何を植えよっかなー♪ネギかなー、瓜かなー」なんてニコニコしながら畑の事を考えています。可愛い奴よ。ところがその折角耕した畑を攻めて来た袁術軍の紀霊に滅茶苦茶にされます。紀霊はあっさり負かして(紀霊よええええ!!)、袁術の首を取りに走り出します(仲間呼べ・・・)。


2b1d132f.jpg



そこで生きていた呂布と再会します。張飛\(^o^)/
呂布の必殺技が張飛を襲った所で次回へ続く・・・ってちょっと待てええええ!!せめて当たって倒れたところくらいで来週に続いてよ!!無事もよく分からないとか生殺し過ぎる・・・。死なないのは分かっていますけど、この引きはちょっと色々酷い。

4b1fd23a.jpg




張飛が心配過ぎる。次回予告にも張飛出てないし(泣)。まあ回予告で思い切り無事をネタバレするよりは良いですが(HEROMANの次回予告は酷かった)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]