忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

3710bc4a.jpg





久々にまともに劉備さん達が前に出てくる展開かと思ったら、そんな事はなかったぜ。一応お話の中心にはいましたが、まともな活躍していなくて笑いました。というか話の構成が予想外過ぎました。


3c0f3f70.jpg






いきなり劉備達が道に迷うところから物語が幕を開けます。劉備は一応主役3人(魏・呉・蜀)の中でもさらにメインの主人公なのに何でこんな間抜けな役回りばかり・・・。劉備が道に迷っている事以上に悲しかったのは、関羽が何の役にも立たず劉備達と一緒に道に迷っていた事でしょうか。もっと大人で頼りになる位置の人だと思っていたのに。一度や二度、多少情けないところを見せる程度なら「その時は調子が悪かった」と思えるけど、こうも度重なると「この人本当に駄目な人なんだな」としか思えなくなって(思えなくなるというか実際駄目な人なんでしょう・・・)。おっさんキャラだとばかり思っていたからこのキャラクター性に若干のショックを禁じえません。保護者的に劉備や張飛を導く補佐役みたいな男だと思っていたので。



d46d834a.jpg




「徐州でも平和は長く続かなかったああああ!!!」

いきなり草むらから出て来た猪に追いかけられながらの関羽さんの一言。必死に逃げている割に余裕ありますね(笑)。というかそんな事叫んでいる状況じゃない筈じゃあ。何なんだ、この台詞と展開は。劉備達の奇天烈行動の方に気が行って過去を全然振りかえれなかった訳ですが。



0c4c0f4e.jpg




「(追ってくる猪に)反撃するしかないかっ!!」
「そうだ!皆も袁術に反撃する軍を立ち上げたんだ!!」

だから、さっきから会話がおかしいから!連想ゲームみたいになってますよ(笑)。話しが噛み合って無さ過ぎる。


bcd0a359.jpg




そして都合良く運良く徐州の民と森の中で再開する劉備達。非力な民達から食料を分けて貰って活力を取り戻します。・・・駄目だ劉備達、早く何とかしないと。挙句森を抜けるのも、これからの当面の目標も民達に導かれている始末。・・・駄目だ劉備達は、本当に早く何とかしないと。正直今の劉備達を指導者として据えるには私だったら不安でしょうがないですよ。というか、生き倒れになっているところを助けた男達が、再び生き倒れになっているのに遭遇して、「この人達を統治者にして、自分達を導いて貰おう」なんて怖くて思えませんよ。

魏・呉・蜀の中で、現在一番良い指導者って誰でしょうね?曹操は思考が極端だし、孫権は未成熟だし、劉備さんもかなり頼りないし。誰も良い指導者がいないってばよ・・・。個人的に一番好きなのは曹操さんですが、あんな指導者は嫌です・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]