忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

edfa8826.JPG

 

 

 

 

 

テンション上がり過ぎて6話のプレイ日記が二分割に(笑)。なんか「2」の時もある男の存在でテンションがおかしくなって分割したような記憶が・・・。今回の分割も例によって例のごとくなのか、「2」の時私のテンションをおかしくした男が原因の分割です。

*私は「鑑識官1」の前に「鑑識官2」を遊んでいるため、「鑑識官2」のネタバレをする恐れがあります。なので「2」未プレイで「2」のネタバレが嫌な方は見ないようにご注意下さい

 
 



俺の嫁(景浦英明)のいきなりの出現に浮かれまくって、景浦さんが「・・・!」って台詞をいったところでDSをスリープモードにして1時間半「鑑識官」を中断しました。まあ別に景浦さんのせいって訳じゃなくて、単にご飯の時間になったってだけなんですけどね。でも1時間半ご飯食べたりしながらニヤニヤして過ごしました。幸せな時間だった。

鮫村さんは今回の事件について何かを隠しているようでしたが、どんな情報隠ぺいをされようと識子は突き進みます。遺伝子検査まで用いて心中事件の白骨を調べたのに、残念ながら白骨は岩下さんと心中を図った川波洋子本人のものであると断定されただけでした。うー・・・この骨が川波さんのものではないという事が判明すると思っていたのに。結局捜査は進歩しないまま時間だけが過ぎていきます。

 

2d323c77.JPG

 

 

 

 

 

そして識子はついに自殺現場となった樹海に足を踏み入れる事にするのですが、何故か鮫村氏もついてくると言います。どっちかというと景浦さんと一緒に行きたいと思った事はないしょだ。でも景浦さんと樹海なんか行ったらどんな事になるのか分かったものじゃないよな(笑)。

 

37711a35.JPG

 

 

 

 

 

樹海の中で識子は崖から落ちてしまいます。幸い査之介がいてくれたお陰で何とか道に迷わずに済みました。査之介は精神的に頼りになる相棒です。今回は物理的にも頼りになりましたが。査之介大好きなんですが、「1」の査之介って「2」の時程、識子と萌える絡みがないんですよね・・・。なんつーか、もっとこう、こうさ、こっちがニヤニヤしてしまう様な会話とかしてくれないもんかね。「2」ではもっと「相棒以上」って感じだったのに、「1」だと完全に「相棒」以外のなにものでもない感じなんですよね。

 

鮫村さんは足を踏み外した識子の事を心配して待っていてくれました。更に「あと少し待って来なかったら救助を要請するところだった」とも。景浦さんなら絶対待っていてくれないし、救助要請もしてくれない気がします。・・・何で私がいちいち景浦さんの事を引き合いに出すのかは気にしないで下さい。

ここで識子の熱意に打たれた鮫村さんが自分の事を話始めます。自分も昔は熱意があり正義感溢れる若者だった事、それが年を経て徐々に変わっていってしまったのだと。鮫村さん実は良い人でした。そして岩下さんが鮫村さんの元婚約者であるという事実を知らされます。以前、芦茂さんが「仕事のために恋人を捨てたって噂もある」って言っていたけど事実だったのか・・・。

そして、鮫村さんとともに岩下さんの元を訪ねた事で明らかになる新事実。樹海で岩下さんと顔を合わせた「川波洋子」は別人の成りすましでした。今回やっと金ちゃんの心理科が活躍した気がしました。なんか今まで全然お世話になった記憶がないです。あと金ちゃん自体が余り前に出てこなかった気がします。DSの「鑑識官」で初出のキャラだからもっとプッシュされてても良さそうなのに、彼女の活躍は寧ろ「2」の方が多い気がします。

 

ea98f40a.JPG

 

 

 

 

 

川波洋子に成りすましていた夏野霧子をおびき出す作戦に出る識子。や、やだ、夏野霧子可愛い/// 敢えて言おうタイプであると。おっぱいおっぱい!でも犯罪者なので逮捕します。さよなら、私の短い恋。
当然と言えば当然ですが、かなり大きな社会的ニュースになった事件になりました。こんな大きな事件を解決したのです。南科研の存在の必要性は示せたと皆意気揚揚です。

 

0d34c9ab.JPG

 

 

 

 

 

ところが鮫村さんから告げられたのはとても残酷な現実でした。南科研の廃止は元々決定していて、鮫島さんは形式上「存廃を判断する報告書を作る」というポーズを体面的に取っていただけでした。識子の努力も空しく南科研はなくなってしまいました・・・。


 

 

9e1f0d7e.jpg

 

 

 

 

 

 

 

以下すごくどうでもいい景浦さんへの愛の囁き。
矢張り私は景浦さんの事が大好きなようです。いやー自分でもびっくりしました。まさか一瞬の登場であそこまで浮かれポンチになれるとは思いませんでした。「THE鑑識官」は登場人物全員魅力的なので皆大好きなのですが、基本的に楽しい会話や面白い台詞を言った時にだけ萌える感じで、そういうツボに来る萌えイベントがない限りは普通のアドベンチャーとして普通のテンションで遊んでいるのですが、景浦さんだけは自分の中で次元が違ったようです。姿見るだけで萌え狂いました。正直、顔見ただけでここまで萌えるキャラは久々な気がします。景浦さんマジ天使。

・・・すいません、嘘吐きました。流石に奴が天使って事はないです。新年早々おっさんを天使と称する嘘吐くってどうなんだろう、バチ当たるかもしれん(笑)。

 
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]