忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

という訳で、一つ前の日記に書いた、書きたいネタを一つずつ消化していきます。今日は「鑑識官」シリーズ新作への期待というか、願望というか、妄想と言うか。まあつまりいつも通りだ!

 


新作の発売自体厳しそうだという事はどうでもいいです。希望は捨てません。出ないとしても「新作こうなると良いなー」という妄想時間も含めて、「ゲーム」の楽しみの一つだと思うのです。発売までの間出てくる情報でどんなゲームかワクワクして、発売して遊んでいる間純粋にゲームを楽しんだり、攻略法を人に聞いたり、クリア後人の感想読んだり、自分の感想話したり、続編妄想したり・・・。私に取ってはそういう諸々包括して「ゲーム」の楽しみ方なのです。

というか、私の場合オタクなものでいかに「萌える(燃える)」キャラに出会えるかが、ゲームを遊ぶ上で大きな比率を締めています。だから萌えキャラ居そうなゲームばっか遊ぶ傾向にあります(笑)。RPGとアドベンチャーが好きなもの「物語」と「登場人物」がゲームに占める割合高くて、萌えキャラに出会える可能性が高いからです。

閑話休題。

新作が出るとしたら、もっと登場人物同士の掛け合いとか、登場人物の魅力を全面に出して欲しいのです。折角皆魅力的なのに、微妙にイベントが物足りない!まあその「ちょっと物足りない」辺りがオタクの補完欲、二次創作欲を刺激してくるのも事実なのですが(笑)。公式が1から10まで全部やっちゃうと、飢餓感無くなって二次創作見たり、人の感想見たいって欲求とかなくなっちゃいますからね。その辺のバランスは難しいところです。

でもね、やっぱり公式で色々見たい訳ですよ。識子ちゃんとか査之介とか景浦さんとか鑑太とか。おば様と所長に景浦さんに、シモーヌさんや古畑さん、寒川さんに景浦さん、それに芦茂さんに植木さんに景浦さん。サブリミナル英明が鬱陶しいと思われそうですが、まあそこは流してください。

物語の流れの中での掛け合いでも十分過ぎるくらい登場人物の魅力は出ていたのですが、やっぱりもうちょっとキャライベント的なのが見たかったなーと。特に景浦英明氏とかなっ!
わざわざキャライベントこしらえるまでもなく、物語の流れの中で自然にキャラの魅力を出せていたからこそ「THE鑑識官」が大好きなんですけどもね。なんですけども、やっぱりもっと登場人物の魅力を堪能したかったです。

新作が出るならいっそフルプライスでテキストボリューム2~3倍になれば良いのに。楽し過ぎて世界観に浸りたい系のゲームでもあるので、もっと文章読んでいたかったのですよ。事件に関係ないキャラ同士の掛け合いとか、サブイベントとか意外な一面とかもっと見たかったなあ。

PS2版の移植、3DS辺りで出ないもんですかね。フルプライスになって良いから、ファンディスクとセットで!うん、無理だね!分かってるよ、でも願望だから良いんですよ。あー、南科研メンバーや識子&査之介コンビのショートストーリーが楽しめるファンディスクとか出ないかなー・・・。そんで景浦さんが登場人物からもプレイヤーからも総スカンくらう様なエピソードがあったりしたら、私は萌え狂って死ねると思います。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]