忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
タイトル詐欺その12でもいいような(笑)。クリアはしましたが、サブイベントやって萌え滾ったので書きます。当然のようにオギの事だけですが

***
web拍手下さってた方ありがとうございます~。しばらく確認してなかったら、沢山拍手して下さってる方が(*´Д`)ウホッ


やったのは「亡き母の記憶」です。実はやるの初めてなんですよ。題名から絶対ボスがマザーだと思ったのでやっていなかったのです。でも散々マザーと戦って、攻略のコツを掴んだので、やってみる事にしました。

マザーの事を調査するのが目的の依頼ですが、私に取ってはオギたんの事をより深く知るのが目的で受けた依頼であります。本当にオギはロボットだと思えない程感情豊かで、そんなオギにメロメロです。「昔の人々が生きていた証を覚えてやっていてくれ」なんて熱い事言う君がとても好きだ。なんて高潔な魂を機械の体に宿しているんだ。オギたんよ、おおオぎたんよ、オギたんよ。その直後に「そんな話はさておいて」と言う君にもメロメロさ!急にテンション変わり過ぎ。

ニューマンをマザーが人工的に作り出して教育していたという情報に胸を悪くさせているオギがとても色っぽい。以前キャストの亡骸を前にした時も色っぽかったですが、今回はそれとはまた違う色っぽさ。前回は悲しみとショック、混乱、遣る瀬無さといった「哀」の感情が強かったですが、今回は「怒」の感情が強い非常に男らしい色気があって堪りませんなあ。

そして今回のイベントは何よりもエネミーの発生について語るところのオギの可愛さが尋常ではなかったです。オギは可愛い。そんなのは太陽が東から昇って西に沈む、それくらい自明の理です。そう分かっています。分かっているつもりでした。オギが可愛い事なんて分かっていたのに、今回のオギの可愛さはその理解をぶち抜く位の衝撃を与えてくれました。

いくらなんでも破壊兵器にも程があると思うのだよ、オギ君。なんだよ、お前は。最終兵器相棒かなんかか。ストーリー進んで経験重ねる度にどんどん萌えレベル強化され過ぎだろうが(悶絶)。カイの冗談を本気にして感心するオギの可愛さは萌えを超越した何かだ。本当にオギ可愛過ぎて辛いです。

カイとサリサが言い合いしていた時も冗談でじゃれあっているのに、本気で「喧嘩はよせ」と諌めたりして、物事を額面通りに受け取る機械の可愛さ全開だったし。そうかと思えばサリサが気付けなかった様な、カイの話の裏を読めていたり。何かもう全部絶妙なんだよ。生真面目で機械ででも感情があるってさじ加減が。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]