忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

皆さん見ていますか?私は前回から読み始めました。結構独自解釈や設定が多めな感じで古株のファンや自分なりにイースのイメージを持っていてこだわりの強い人程受け入れ難い作風になっている気がしますが。私自身第4話を見てかなりぎょっとしました。「あれれれ?Ysってこんな話だっけ?アドルってこんなキャラだっけ?」って。アドルに関しては遊び手一人一人持っている印象、設定が違うと思うので一概には言えませんが、妙に淡々としているというか、表情が変化に乏しくて無気力っぽくて、自分の中のお人好し熱血というアドル像と噛み合わなくて違和感バリバリでした。

独自設定といか、展開はまあ「Ys1」はかなり淡々と進むのである程度オリジナル要素混ぜるのは仕方がないかなーと。ゲームそのまま漫画にするのは結構厳しいでしょうからね。漫画として成り立たないでしょう。多分忠実に漫画化しても面白いものではありません。それに「Ys」はリメイクが多いので作品によって微妙に設定が違ったり、後付けされたり、ああだったりこうだったりしているので、細かい事に口出ししても仕方ないでしょう。ここまでの文章で私がこの漫画版を絶賛している訳でもないのに紹介する意味が分からない方もいるでしょう。私が何のためにこの作品を紹介したかの答えはひとつ。
 

ドギ×アドル派は第5話超必見です!!!!


101952ab.jpg








ななななな、なに馬に相乗りしてんののののの!?!?!?

あわあわわわあああわあ!!!!!!

と、言う訳で
ギ×アドル派なら、第5話の31、32頁は見ないと後悔することになりますよ!!
公式でイチャつきおってからにっ!!!
 


あと、わざわざこんな事言うのもアレなんですが、ドギ×アドルっていうのはギャグで言ってますんで。ガチBLでドギ×アドルとかは流石にちょっと…。コンビ愛萌え以上の感情では見られないです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]