忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 
 前「彼女にしたいゲームの女性キャラ」として題名の3キャラを上げました。そんな訳で今日また3人纏めて萌え語り。
 
矢張り思春期に出会ったキャラというのは影響が凄まじくでかい。最近の自分が二次キャラに感じなくなったパッションを感じまくりでしたよ。本当にどれだけお世話になったかしれん。
 
***
9月21日にweb拍手下さった方ありがとうございます。


 
何のキャラだよと思われそうなので一応。
「アークザラッド」のククル、「スターオーシャン2」のレナ、「ONI零」の沙紀です。
 
最初2作に比べて最後の一つがマイナーゲー過ぎますね。17万本は売れたらしいですけど。これ以下の売上なのに知名度がある作品なんてゴロゴロあるのに、何でこの売上でマイナーなんだろう。私自身シリーズ9作の内「ONI零」しか知りませんし。何となくサブカル系のマイナーメジャー感ある気がします。信者向け閉じコンというか。固定ファンが強いけど、外に向かって作品の情報が発信されていない感じ。公式からそんな感じがするし。その作品を取り巻く閉塞感環境込みで、ファンの腰が重い感じもします。作品の世界観やキャラや雰囲気が代替品がないから離れられなくて。閉じコン故の居心地良さも込みで魅力な感じ。
 
閑話休題。
 
ククルちゃんは戦闘中に瀕死状態になった時が凄い萌えます。体抱えてぜぇぜぇ息を切らしているグラが凄まじいです。気の強い女の子がこう肉体的に限界きて、体抱える弱弱しい姿はすごくクるものがあります。それでも倒れまいと紙一重の状態で闘っている様は破壊力があり過ぎます。表情も本当に苦しそうで、痛みに必死に耐えてる感が堪らないんですよ。
 
で、また戦闘不能の時も堪らないんですよ。膝抱えて「私がやらなきゃっ・・・!」息も絶え絶えに必死にいうのがガチギュン過ぎる。彼女のエロさは戦闘中のボイスとその台詞とグラの融合具合ですよね。攻撃食らった時の「ああっ!」も最高。ククルのやられボイスはいちいちクるものがあり過ぎて。戦闘不能時の台詞がエロ過ぎてなぁ、ほんと。
 
キラキラしたポニーテールとか、動く時にぬるぬる動くドットとか、服の袖やズボンの動きとか、妙におっぱいが強調された服とか、なにもかも思春期のガキにはくるものがありました。今だったら絶対こんなに過剰反応していないと思う。昔を引きずっているから未だにエロいと思うし、彼女のグラや声にはギュンギュンくるものがあります。必死こいて戦闘ボイス録音して繰り返し聞きました。一旦戦闘をビデオに録画→ククルちゃんの戦闘ボイスだけ録音という非常に手間の掛かる事を家族の留守中にコソコソとやったっけ(遠い目)。
 
 
レナちゃんはもう存在そのものの萌えエロっぷりが。まず三日月の髪飾りが可愛い。アシメの髪型が可愛い。ミニスカートが可愛い。長いルーズソックスが可愛い。マント可愛い。作中では使わない細身の剣が可愛い。
 
夢見がちで可愛い。勇者様信じてて可愛い。恋愛小説書くの可愛い。ファンシティで占いしているの可愛い。料理が得意なの可愛い。ステータス画面の全身像可愛い。回復系ヒロインなのに攻撃がナックル打撃系なの可愛い。
 
戦闘ボイス良過ぎる。「痛い死にたくない」「助けて」「お母さーん!」のコンボはマジでやばい。スタオ2は「アークザラッド」と違ってボイスコレクションで好ボイスだけ直ぐ聞けるのが良かった、非常に助かった。
 
力の場から脱出した時に見えるパンツもやばい。格好自体は間抜けこの上ないが、パンツが見えたという事実にどれ程興奮した事か。でも攻略本の表紙でパンチラしていたのは正直ショックだった。もし攻略本の中でとかなら興奮したんだろうけど、あんな誰にでも見られる表紙でってのが正直ショックだった。「こんな短いスカートだとパンツ見えちゃうよね(でも実際は漫画的ご都合鉄壁で見えないんだよね)」と思ってニヤニヤしていただけに、何か悲しかった。
 
諸に見えてしまうのは違うんだ、しかも誰にでも見られてしまう攻略本の表紙で・・・。一瞬のパンチラだからこそときめくんだよ。スト2の春麗の必殺技の最中に必死こいてストップボタン連打するあの感じ。凄い良いショットは一瞬で過ぎ去るから、必死に見ようとするあの感じ。
 
 
沙紀ちゃんも存在そのもののエロさがヤバかったなー。表情のくるくる変わる顔グラの可愛さに本当にメロメロになりました。沙紀に一目惚れしてゲーム買ったのは本当に正解でした。もう本っ当に可愛過ぎて愛おし過ぎた。明るくてしっかり者って性格も良かったです。上記二人にも共通していますが。本当にしっかり者お姉さんタイプに弱い。
 
沙紀ちゃんもミニスカ可愛い。そして転身のエロさよ。服びりびりに破けて変身するアレは思春期のエロガキには非常に優しくて優しくなかった。8歳版、16歳版それぞれ違ってそれぞれ良かったです。服びりびり + 痛みに耐える表情のコンボ。あれちょっと反則でしょう。プレステの一般ゲームですよ。全年齢対象ですよ。しかもプレステだから解像度荒いけど乳首出てましたからね。あかんでしょ。
 
沙紀ちゃんはボイス無しだから戦闘中の苦痛ボイスみたいなのに悶々とさせられる事はなかったですが、その代りククルちゃん、レナちゃんにはなかった顔グラと、一枚絵で見られるエロ変身が良かった。
 
本当に3人とも俺の嫁!最近のゲームの女の子は可愛いと思っても、ここまでの情熱やらリビドーやら感じられなくなってしまいました・・・。あー、また子供の頃位の熱量でゲームキャラに萌えたいです。まあ、それは大人として大問題なので、そういう萌えが感じられなくなったのは成長した良い証拠なのでしょうが。
 
でもあのエロ本全頁に興奮していた頃に戻れたら、きっと楽しいよね。 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]