忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
サンプルボイスが全員公開されましたね。という訳で各キャラ毎の声の感想です。しかし、ひとつ疑問なのですが、何故公開する人物に時間差があったのでしょうか。声優さんごとに収録状況が違うなら違うで、全員取り終えた後で全員一斉公開とかでも良かったと思うのですよね。特にメインヒロインの先生が公開されていないのに、汰一が公開されている事の違和感ったらなかったです。
 
あと、ずっと気になっていたのですが、メインヒロインの先生が先輩より後に配置されているのは何でだぜ。そして親友の汰一が絵理ちゃんより後に配置されているのもなんでだぜ。もしかして、今回絵理ちゃんも攻略出来るとか?それなら個人的には嬉しいのですが。前世に全く関係の無い第3者を選べるというのも、また一興だと思うのです。

 

 
・斎栞
ちょっと合ってないかなーという気がしなくもないです。違和感を覚える程イメージと違うという事もありませんでしたが。少し元気が良過ぎる気がしました。栞って元気ではあるものの、おっとりしてぽややんとした所のある甘えんぼなので、「元気さ」「活発さ」が全面に出過ぎているかなーと。もう少し「のんびりさん」なところが欲しかったかも。栞は主人公の世話は焼くものの、基本的には「主人公の妹」という立ち位置なんですよね、どの時代でも。「妹に見られたくなくて、必死に背伸びして、主人公の世話を焼いている」感じ。そういう微妙な子供っぽさ、幼さ、ちょっとおっとりした所が弱いかなーという感じがしました。でも全然ありありです。声はとても可愛い。
 
 
 
・常磐沙夜
かわしまさんの大人の女性の声って余り聞いた事がないので、ちょっとだけ不安でした。元気系にしろ、クール系にしろ少女っぽい役しか知らなかったので。かわしまさんの声は好きなのですが、沙夜先生ではないよなーというのが本音でしょうか。もっと貫禄のある大人の女性って感じの声が良かったのです。でも幕末(ORIGINでは昭和)では少女役をしなければならないので、余りにも「大人の女」な声だとまずかったのでしょう(前世キャラも現代の声優さんが担当するんですよね?)ただ、かわしまさんは少女役しか知らない身からすると、予想以上に「大人の女」の演技も出来る人でビビったという・・・。
 
 
 
・吉川絵理
声は可愛い。可愛いが絵理ちゃんではない(汗)。ちょっとアニメ声+ロリボイス過ぎる様な気がしました。「元気でちょっと子供っぽい栞」と「内向的だけど優等生タイプでちょっと大人っぽい絵理ちゃん」が対照的だけど親友同士というイメージが強かったので余計に。ただちょっと高慢な演技が結構良かったので、眼鏡+おさげの内向的絵理ちゃんではなく、闇堕ち後の美人だけど高慢な絵理ちゃんのイメージを優先してキャスティングしたのかなとは思いましたが。闇堕ち絵理ちゃんにはハマっていると思います。でも私は闇堕ち前の絵理ちゃんの方が好きなんだあっ!もう少し、大人っぽい声の人が良かったなあ。絵里ちゃんだけ群を抜いてアニメ声なので何か浮いている気がします。
 
 
 
・有坂汰一
良い声だなー・・・。ハマっていると思います。高校生の声とは思えないけど。・・・はい、ハマり過ぎていて感想が書けないです(笑)。しかしあの良い声だと汰一っつあんのホモ度が上がりそうですな。平安なんて安倍清明じゃなくなったのに、名字は安倍のままだし。何かしらの作為を感じる。脚本改変やいい男声でホモ度が上がるかもしれないと思うとケツが熱くなるな。
 
 
 
・杵築悠利
良い声です、すごく良い声です。だが悠利っぽくない・・・。本当に洒落にならないくらい良い声なんですけど、悠利ってもっとチンピラっぽい声のイメージだったんですよ。実際かませ犬ですし。声だけだと主人公の当て馬というより、正統派ライバルっぽいです。すごい格好良いけど、当て馬の声ではない。それともORIGINではかませ犬でも当て馬でもなく、主人公のライバルになるのでしょうか?
 
 
 
・高杉響子
ハマってるなー。結構「悪くないけど、ちょっと違う・・・」って感じの人が多いのに、響子は特に違和感もなく、「ああ、響子はこれでぴったり!」って感じです。でも汰一同様ハマっていると感想が書けない(笑)。
 
 
 
・芦屋幹久
良い!すごい良い!何かすごい幹久っぽい!!斜に構えていけ好かない美形って雰囲気が凄い出てて最高です!でも「芦屋幹久」としては最高なのですが、声が高過ぎて若くて、崇徳上皇にハマる気がしません・・・。崇徳上皇を演じる時はもっと低い、中年の男性の声を出して演じるとは思いますが。でも地声が高い人が低い声出しても限界があるからなー。崇徳上皇相応の威厳が出せるのかちょっと心配です。
 
全くの余談なのですが、幹久ルートが欲しいです。主人公は平安で父親に政治の道具として利用されるだけで、父の愛に飢えて、現代で幹久に父性を求めて、愛され様と必死になって太祖復活に手を貸して・・・みたいな幹久ルートはないですか。結局愛されず利用されるだけで失望して幹久後ろから刺して、ダークサイドに堕ちて闇の皇子化、男皆殺しで女性キャラは凌じょ(ry調きょ(ryで快楽堕ち・・・みたいな闇ルートはないですか。「久遠の絆」って地味に妄想力刺激する設定てんこ盛りですよね。信吾と観樹が結婚して幸せな家庭を築くとか、鷹久と桐子が結ばれていたらとか、鷹久と清明の兄弟関係とか未だに「何事もなく平穏だったら」を妄想してしまいます。
 
 
 
・斎節子
ぴったり(・∀・)ヤッタ! 脇役で出番が多い訳でもないし、飽く迄ヒロインの母親、主人公にとっても母的存在なので、そういう声質の人がやれば違和感を覚える事自体ないのでしょうが。これで田中敦子さん並の貫禄があったら違和感ばりばりだったでしょうけど(笑)。個人的に沙夜先生もこういう声が良かったのです(落ち着いていて、大人の女性特有の柔らかさが合って、色気があって)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]