忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
 すいません、「サクラ大戦」の乙女ゲーが発売するらしいという情報で凄い動揺しています・・・。ちょっと言葉に出来ない。正直別タイトルにしてくれって気持ちががが。でも最初から女向けとして発売しているだけ良いのかもしれませんが。
 
今まで女の子だけの世界だったところに、男ぶち込んで荒れたジャンルとかありますし。それ考えると住み分けは出来ている訳で。「ときメモ」も男向け女向けは完全に別世界ですし。うーあー、でもなんだろ、普通の学園ものの「ときメモ」と、その作品のためだけの世界観を構築している「サクラ大戦」では受けるショック度合が微妙に違うと申しますか。
 
まあ「ときメモ」も普通の学園ものとは言い難いかもしれませんが(笑)。余談ですが「ときメモ」は各女の子に3回は告白されたので、少なくとも42周はやっています。「ときメモ」と「サクラ大戦」は私をギャルゲー道の血道に上げた本当に魂の作品なんですよ。

・・・で、「サクラ大戦」の乙女ゲー化がショックって話でしたね。先にも書いた通り「サクラ大戦」の世界観は「サクラ大戦」のためだけに練り上げられたものです。そういう特殊な世界観で、特定のキャラに萌えるだけじゃなくて、世界観とか個々の登場人物とか人間関係とか花組の空気とか、ちょっとダサくて可愛い光武とか、音楽とか歌とか、キャラデザとか、脚本とか、何と言っても大神さんとか、とにかく「その作品のためだけの世界観設定が構築された「サクラ大戦」」という作品が大好きなので、設定流用で乙女ゲー化されるんだとしたら凄いショックです。それこそ世界観は一から構築し直しで、飽く迄「タイトルブランドだけ使います」なら良いんですが。

多分「ラブプラス」の女向け版が出てもこんなにショックじゃないと思うんですよね(まあ思うだけで実際出たらショック受けるのかもしれませんが・笑)。世界観自体が現実を舞台にした恋愛ゲームだから、システム流用、キャラを男性に置き換えた女性向けとして出しても抵抗がないです、多分。でも「サクラ」はわざわざ隊員達を女性で固めるために、光武に乗るためには霊力が必要で霊力は女性が強くて云々って設定作ってるのに。それだけに男で光武を操れる大神さんカッケー!って状態になってたのに(私が)。

でもキャラデザが藤島さんで脚本がポリリンなら許容しそうな自分がいるのも事実(笑)。

 

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]