忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します
CIMG0027.JPG








話を進める度に確信めいたものに変わりつつあるのですが、真ヒロインはディーノですね。主人公の苦楽を共にする相棒で、主人公に振り回されて、主人公にぞんざいに扱われ、甘えたがりで、でも主人公が大好きで大好きで。そして主人公も付き合うのが面倒くさいと言いながら内心嬉しがるというツンデレ・・・。
どう見てもディーノがヒロインです、本当にありがとうございました。

第2話「堕ちた鳥」


CIMG0031.JPG







釣りをしていたバートの所に仕事の依頼がもたらされます。この依頼の時「バート会いたかった」と飛びついて来るディーノが可愛過ぎる件。子犬が心底慕ってくれるとかハァハァ・・・。ディーノって外見が可愛い犬ではないと思うんですが、愛嬌があるので凄く可愛いのです。この子供っぽい口調も人間キャラなら苛々していたと思うのですが、わんこだとひたすら可愛いばかり。




CIMG0036.JPG







バートは釣りが趣味の様でわざわざ釣り宿を予約してまで釣りに来ていました。Mが行先は温泉地の高級ホテルだと告げられても「そんな所俺には居心地が悪いだけだ」と一蹴します。お、カッコイイ。私はてっきり喜ぶものだとばかり思っていたのですが。碌に世情も知らない事をMお姉様に怒られました。我々の業界ではご褒美です。



CIMG0061.JPG








仕事の度にサイボーグ犬、つまりディーノと組まされると聞かされて「うへー。毎回コイツの面倒みるのかよ・・・」と超笑顔のバート。口で文句言いながらも嬉しいのかよ、何というツンデレ!ここニヤニヤしますね。ディーノは主人公大好きで甘えっ子。主人公はツンツンするけど最終的には甘やかす。ああああ、ニヤニヤする!




CIMG0075.JPG






話の流れからBナンバーの死亡率が高い事をディーノから聞かされ、アポロに詳しく説明を求めたら、話を強制的に打ち切られました。うーん、感じ悪いなあ・・・。バートが真剣は顔で「他人事じゃねえな・・・」って言っているから余計に。



CIMG0082.JPG







ホテルでは草津由という女性係員が付いてくれる事になりました。ホテル側の監視員だから気を許すな、というバートの警告も空しくあっさり餌付けされるディーノ。美人だとは思うんですが微妙にカマ臭いのがちょっとね。モブなのでグラフィックがある程度手抜きなのは仕方ないとは思ったのですが、ディーノが「微かだけど男の匂いがする」と言ったので、マジもんの男である事が発覚!おい!カマ臭いとは思ったけど、それでも黒髪美人(という設定)の付き人と、女装野郎の付き人の間には深くて暗い耳の穴、じゃなくて、
リラックマコリラックマくらいの差があるんだぞ!?



CIMG0122.JPG







Mから今回の仕事でミカというエージェントと組まされる事を告げらたので「どんな女の子かな?20代の大人の女性が良いな♪」とか思っていたらショタだったでござるの巻・・・詐欺だっ!!アポロが「毛むくじゃらの大男よ」何て言うから「男」の可能性も考慮していたのですが、ショタは予想外です。ぱっと見少年じゃなくて、ボーイッシュな女の子にも見えますね。これはそっち系の人には堪らないのではないでしょうか。バートに手伝いを求めて切れられた時にしゅんとしながらの「僕、背が低いから・・・ごめんなさい」はそっち系の趣味があればキュンキュンだったでしょうね。
そっちの気はないので全く琴線に触れませんでしたが。
寧ろバートの(俺・・・少し大人げないかな?)の方が可愛かったです。



CIMG0139.JPG






ある程度捜査が進んでMお姉様に報告しなくちゃいけなくなったんですが、ここでまずは態とゲームオーバーにしてみる事にしました。やっぱり色んなパターンが見たいしね。ゲームオーバーになったらアポロに「バートのばーか、ばーか」と言われて普通にムカツキました・・・。何この人、感じ悪い。この人が(一応)相棒役なんて・・・。うーん、微妙にプレイ意欲が殺がれる。

わざとのゲームオーバーだったのでまだ良いですが、これ意図的ではなく本当に答えが分からなくてのゲームオーバーだったら苛っとくる何てもんじゃなかったでしょうね。以前S・RPG初心者だった時、某S・RPGで頑張って頑張って40ターン約1時間掛けてミッションをクリアしたのに、主人公の副官の女性から「時間が掛かり過ぎです」って嫌味言われた時の事を思い出しました。余りのショックに生まれて初めてゲームを放置しました。そのゲームは半年~1年後位に再プレイしてどハマりしましたけど、その副官は結局嫌いなままでした。



CIMG0158.JPG







うほっいい男・・・ディーノは変な装置を付けるから好きじゃないと言っていましたが、個人的には嫌いなタイプではないな。第一印象で特別好きって思うタイプでもないですが、物語の役回りによってはかなり好きになるタイプのキャラである事には間違いありません。



CIMG0186.JPG






ミャオに賛辞を呈されて顔を緩ませるバートに吹いた。まあ人の性ですよね。褒められれば嬉しいし、それが美人からの言葉なら尚更。しかしミャオの絵は素晴らしいですね。初見で「カマ臭い」と思った通り、「美人だけど男に見える」んですよ。二次元の女装キャラって九分九厘女にしか見えないキャラばかりなのに、この人はちゃんと「女装している」っていうのが絵で伝わって来る訳ですから。とは言え女にしてはゴツイけど男にしては相当華奢なんですよね。まあだからこそ女装が出来るって設定なんでしょうが。


最後の犯人説得に主人公が安っぽい説教かまして、BBのメンバーとの友情語ったのは微妙でしたが。まだそんなに付き合いないだろ・・・感情移入が出来ませんよ。そしてこの手の友情語り、説教は感情移入出来ないと冷めるだけになってしまうので余りやらないで欲しいんですよね。
犯人も可哀想な境遇の割に支配人にひと泡吹かせる展開もなかったですし。微妙に後味の悪い事件でしたね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]