忍者ブログ
ゲームや漫画やアニメの感想を垂れ流します

丁寧に作られた作品なんですけど面白いとは言い難いんですよね。間違い探し(トリックアート)はやっている間はそれなりにハマっているんですが、ゲーム終了後「またやりたい」という欲求にいまひとつ駆られないです。でも一番の問題はテキストに魅力がないって事なんですが。読んでいて楽しくない。


 
CIMG5369.JPG









ヨハンに依頼の電話があり22時頃美術館に行く事になりました。でもその前に腹ごなしに行くリク。そうしたらレストランで可愛い女の子と出会いました。あえて言おう、好みであると。私ポニテの元気っ娘って大好物なんですよ。で、食事して仮眠後美術館へ。
 

CIMG5372.JPG







美術館のララーさんが美人だと評判だったのでワクワクしながら美術館に行きました。「おお!クール系美人!」とテンションが上がったのですがすぐにクール系ではなくキツめのお姉さんである事が判明しました。でもキツめのお姉様大好きなので無問題。むしろ燃えたくらいだ。クールっぽい外見でキツイ性格とか実にいいよ。



CIMG5391.JPG









何かイケメン刑事も登場しました。人気出そうな感じですね、きさくで、でも裏がありそうで、ヨハンとも親しくて。ヨハンがいなくなってた事をリクに怒られます。「受け付けのララーさんが魅力的なんで」とか言っているけど嘘臭いんですよね。実際嘘なんですが。リクに隠れてちゃんと仕事している訳だし。

何て言うかヨハンは魅力がないんです、「いい加減なお調子者の様だけど実際は切れ者」としての。ヨハンは本当は切れ者というのが分かりきっているから、
彼の「お調子者の行動」が全て、仮面を被った嘘臭くてわざとらしい行動にしか見えないんですよ。人を騙している性格の悪い人間に見えてしまう。作中でのヨハンの見せ方の意図はそうではないのにそう見えてしまう。ルパン三世の様に「本当に頭が良いけど、お調子者で女好きなのも彼自身の素であれば嫌味がなく魅力的だったんですがね。ヨハンは「お調子者、怠け者の女好き」を『演じている』から物凄く胡散臭くて、嫌味な感じがしてしまう。
 

何となく予想はしていましたが、このゲーム結構短そうですね。それ程プレイ時間がたっていないのに2枚の絵が盗まれるというタイトルについている「消えた2枚の絵」っていうのに絡んだ事件の依頼があった時点で「え、もう事件起こっちゃうの!?」とは思いましたけど。絵が盗まれて早々に犯人が分かりました。いくら何でも早すぎる…。それとも犯人が判明しつつもそこからが長かったりするのだろうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[03/11 橘アキ(管理人)]
[03/07 名乗る名はない]
[05/31 橘アキ(管理人)]
[05/30 通りすがり]
[02/04 橘アキ(管理人)]
最新TB
プロフィール
性別:
非公開
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 無窮の心配症 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]